リナグリプチンとインスリンとの併用投与が、低血糖症発現リスクを増加させることなく、有意な血糖降下作用を示す

PR TIMES / 2012年6月18日 19時57分

この資料は、ドイツ ベーリンガーインゲルハイムと米国イーライリリー・アンド・カンパニーが6月9日に発表したプレスリリースを日本語に翻訳したものです。尚、日本の法規制などの観点から一部、削除、改変または追記している部分があります。また海外の試験であるため、日本の承認内容と異なることがあります。この資料の内容および解釈についてはオリジナルが優先することをご了承ください。

第72回米国糖尿病学会(ADA)で発表された他の第3相臨床試験データでは、メトホルミンとの併用における持続的な血糖コントロールを示す

2012年6月9日、ドイツ、インゲルハイム/米国、インディアナポリス

ベーリンガーインゲルハイムとイーライリリー・アンド・カンパニー(NYSE: LLY)は、米国糖尿病学会でリナグリプチンに関するランダム化第3相臨床試験と事後解析の結果を発表しました。この結果は、他の糖尿病治療薬による併用療法にリナグリプチンの追加療法を受けた成人2型糖尿病患者で、臨床的に意義のある血糖コントロールが得られることを示しました ,2。リナグリプチンは、成人2型糖尿病患者の血糖コントロール改善を目的に、食事療法と運動療法に加えて1日1回服用する錠剤です3。

「2型糖尿病は、慢性の進行性疾患で、長期間にわたって血糖をコントロールするのは非常に困難です」とエバーハルト・カール大学(ドイツ)のバプティスト・ガルヴィッツ(Baptist Gallwitz)教授は「メトホルミンは標準的な一次治療で、最終的には多くの患者さんに血糖目標値を維持するためのインスリンが必要となります。今回発表された2つの試験結果は、リナグリプチンが疾患の早期及び後期の双方で臨床的に意義のある血糖コントロールを提供できることを示しています。またリナグリプチンは1用量で血糖コントロールが可能な糖尿病治療薬です。そのため患者さんは用量調節の必要がなく、常に適切な用量で服薬していると医師も安心することができるのです」と述べました。

発表された第3相臨床試験(ポスター番号999-P)の結果は、基礎インスリン単独、またはメトホルミン及び/またはピオグリタゾンとの併用療法への追加療法としてのリナグリプチンが、プラセボと比べて、成人2型糖尿病患者の血糖値を有意に低下させることを示しました。リナグリプチンは24週時点で体重増加と低血糖症発現リスクを増加させることなく、HbA1cベースライン平均値8.3%からプラセボ調整平均変化量で0.65% (p<0.0001)低下させました1。HbA1c値は糖尿病患者で、過去2~3カ月の血糖コントロール指標を得るために測定されます

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング