デジタルサイネージの表示内容と同期した関連情報をスマホに表示できるBeaconの発売開始 ~ 新宿駅大型商業施設で体感可能 ~

PR TIMES / 2014年8月21日 13時9分

アプリックスIPホールディングス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:郡山龍、以下「アプリックス」)は、O2Oや位置情報等の幅広いサービスの新しいソリューションとして注目されているアプリックスのMyBeacon(TM) シリーズから、デジタルサイネージ機器に接続し、デジタルサイネージの表示内容と同期したBeaconのデータを送信することで、通行人などのスマートフォンに関連・詳細情報などを表示できる「MyBeacon(TM) デジタルサイネージ(MB001 D)」の発売を開始することを発表いたします。




昨今、街中や車内、駅構内などのさまざまな場所にデジタルサイネージが設置され、商業用途の広告や販促ツールとして活用されています。デジタルサイネージではその場で目視して確認するか、表示された内容を受け取るには、自ら能動的に検索するなどして情報を取得しなければなりませんでした。

このたび、アプリックスが発売を開始する新製品「MyBeaconデジタルサイネージ」は、街中のビル壁面、駅構内や車内などにあるデジタルサイネージの表示内容に応じてBeaconから送信するデータを変えることで、関連・詳細情報などをタイムリーに通行人や来店者、乗客などのスマートフォンに表示できるため、効果的な広告・販促活動を支援する技術としてご利用いただけます。さらに、空港や駅の案内板、ホテルや公共施設の案内板などのパブリック・インフォメーションでは、その場で目視するだけでなく、必要な情報を手元のスマートフォンに確実に届けることが可能になります。


また、デジタルサイネージで再生するコンテンツ番組表に沿った放映だけでなく、切り替えのタイミングに合わせて変更したBeaconデータを送信することもできるため、コンサートやショーなどの演出と同期させたり、イベントや 会議などではスライド表示内容に合わせて、手元のスマートフォンの表示を切り替えることもできるようになります。

なお8月22日から新宿区主催により開催される世界で活躍するアーティストが参加するアートイベント「新宿クリエイターズ・フェスタ2014」におけるデジタルコンテンツ上映場所の1つである新宿駅大型商業施設に、今回発表の新製品「MyBeacon デジタルサイネージ」が設置されます。新たに開発し、発売を開始する新製品を実際に体感していただくことで、本製品の普及を促進してまいります。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング