タブレット端末(スマートフォンは除外)、保有者は23%

PR TIMES / 2013年4月10日 10時32分

アップルのiPadやiPad mini、アマゾンのKindle fire(以下、アマゾン・キンドル)など、スマートフォン以外のタブレット端末が相次いで発売されていますが、実際どれくらいの人が所有しているのでしょうか?

大阪ガスグループのマーケティング会社・株式会社エルネット(大阪府大阪市西区靱本町1-10-24 三共本町ビル、代表取締役社長:中屋 吉広 http://www.lnet.co.jp)では、自社が運営するオンラインストレージサービス「宅ふぁいる便」ユーザーを対象に、2013年2月1日~2月28日 に『タブレット端末に関するアンケート』を実施しました。

http://c.filesend.to/plans2/ranks/body.php?dalist=20130328_1




まずは、スマートフォンを除外したタブレット端末を所持しているかどうかを尋ねました。全体では、タブレット端末を「はい(持っている)」が23.3%、「いいえ(持っていない)」76.7%となりました。女性よりも男性、そして年代が高くなるほど所有割合が高くなっています。また、仕事形態別に見ると「外勤と内勤が半々」が31.7%と、全体的にやや高い値となりました。


タブレット端末を持っていると回答した人に、所持している端末種類全てを選んでもらいました。 結果は「iPad、iPad mini」が59.4%、「iPad、iPad mini以外のタブレット」が33.8%、「電子手帳」6.0%となりました。アマゾン・キンドルは4.5%と、電子手帳を下回る値になっています。


今回の調査で多数派となった、タブレット端末を所持していない人に、タブレット端末に対する興味の有無を聞いたところ、ポイントの高い順に 「やや興味がある」が40.6%、「興味がある」が24.4%、「あまり興味がない」24.2%、「興味がない」10.7%となりました。興味がある、やや興味がある人の合計は全体の65.0%と、過半数の人がタブレット端末に興味を持っていることがわかりました。


では、タブレットに興味を持っている人はどんな点に興味を持っているのでしょうか。その理由を答えてもらいました。結果は「どこでも使える」59.6%、「持ち運びに便利」52.3%、「ノートパソコンを持ち歩かなくていい」33.7%と続きます。持ち運びの負担にならないタブレットの強みがそのまま評価されていることがうかがえます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング