食材(ミールキット)宅配サービスのヨシケイ ライブリーが食品安全の国際規格ISO 22000認証取得

PR TIMES / 2019年11月2日 19時55分

「つくる人から笑顔に。」をテーマに全国で食材(ミールキット)宅配サービスを提供するヨシケイグループのフランチャイジーである株式会社 ヨシケイ ライブリーは(本社:奈良県磯城郡、代表:長谷川 睦、 http://yoshikei-dvlp.co.jp/ama/  http://yoshikei-dvlp.co.jp/nar/)、全国のヨシケイグループの先駆けとして、食品安全の国際規格ISO 22000認証を取得しました。
認証機関は、ペリージョンソン ホールディング 株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:瀬戸 裕子)で第三者認証事業を担う ペリージョンソン レジストラー(以下:PJR、 http://www.pjr.jp)です。
(認証登録日:2019年9月30日)



ヨシケイ ライブリーは、全国65社のヨシケイグループにおいて、兵庫県エリアと奈良県エリアで宅配事業を展開し、お客様の食生活をサポートしています。メニューはすべて専属の栄養士が開発し、栄養バランスはもちろん、食材バランスも考慮し、おいしさや作りやすさにこだわった手作りメニューや時短メニュー、冷凍弁当、ヘルシー食など豊富なラインナップがヨシケイグループの特徴です。

このたび、お客様に安全・安心な食材を提供するため、食品安全ハザードを明確化し、食品製造工程のトラブルや製品の問題点の減少、予防措置の標準化を進めて国際規格の認証を取得しました。こうした「食品安全管理」を徹底することで、より良い商品作りを実現し、安心して商品をお召し上がりいただけると考えています。北海道から沖縄まで全国65社のヨシケイグループの先駆けとして取得したISO 22000認証を、お客様に安心して商品をご購入いただくため、また安全な商品を提供し続けるために今後さらに活用していきます。

PJRは、モットーである「PJR-The True Mark of Quality」(PJRマークは信頼の証)のもと、継続的な第三者認証審査を通じて、ヨシケイ ライブリーの信頼獲得に貢献していきます。


[画像: https://prtimes.jp/i/8713/82/resize/d8713-82-124413-0.jpg ]



<ご参考>
● 食品安全マネジメントシステムの国際規格 ISO 22000
食品安全の国際規格ISO 22000は、「農場から食卓まで」といわれるフードチェーン全体における食の安全を守るための規格であり、ISO 9001のマネジメントシステムの概念をベースに、「HACCP」「一般衛生管理事項(PRP)」等の要素が統合されています。この規格は、(1)HACCP原則、(2)相互コミュニケーション、(3)システムマネジメント、(4)前提条件プログラム(PRP)の各要素から構成され、食の安全を脅かすハザードを適切に管理するための仕組みを構築し、運用することで、継続的な改善を図ることを目的としています。

● ペリージョンソン ホールディング 株式会社 ペリージョンソン レジストラー
1994年に設立されたマネジメントシステムの第三者認証機関Perry Johnson Registrars, Inc.(本社:米国ミシガン州)の日本法人として、ISO 9001(品質)、ISO 14001(環境)、ISO/IEC 27001(情報セキュリティ)、ISO 22000(食品安全)、FSSC 22000(食品安全)、ISO 45001(労働安全衛生)など、さまざまな規格の認証審査を行っています。2013年11月にペリージョンソン ホールディング 株式会社を発足しました。


【会社概要】
社名:ペリージョンソン ホールディング 株式会社(Perry Johnson Holding, Inc.)
本社:東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアタワー9F
設立:2013年11月
代表:代表取締役会長 ペリー・ローレンス・ジョンソン
   代表取締役社長 瀬戸 裕子
事業内容:
 マネジメントシステム認証事業(ペリージョンソン レジストラー) URL: http://www.pjr.jp
 ビジネスコンサルティング事業(ペリージョンソン コンサルティング) URL: http://www.pjcinc.jp
 教育研修事業(ペリージョンソン アカデミー) URL: https://www.pjaowl.com
支店:札幌、仙台、名古屋、大阪、広島、福岡
URL: http://www.pjhd.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング