エフセキュアの法人向けセキュリティ製品がAV-TEST.orgのBest Protection 2011 Awardを受賞

PR TIMES / 2012年2月15日 12時29分



エフセキュア・コーポレーション (本社: ヘルシンキ フィンランド、 CEO: クリスチャン・フレデリクソン) 及び、日本法人であるエフセキュア株式会社 (本社: 東京都港区、カントリーマネージャ: アリエン ヴァン ブロックランド、以下 エフセキュア) が提供している、企業のワークステーション向けの統合型セキュリティソフト「エフセキュア クライアント セキュリティ」 が、ドイツの第三者機関「AV-TEST.org」による法人向け製品を対象とした性能テストで、「Best Protection 2011 Award」を受賞しました。

フィンランド、ヘルシンキ発 - 2012年2月14日
セキュリティソフトの比較検証を行う独立機関の最大手である 「AV-TEST.org」 が、昨年2011年通年に渡り実施した性能テストの法人部門において、エフセキュアが企業のワークステーション向けに提供している統合型セキュリティソフト 「エフセキュア クライアント セキュリティ」 に「Best Protection 2011 Award」が贈られました。

「AV-TEST.org」でCEOを務めるアンドレアス・マルクス氏は、次のように述べています。「私たちが2011年に検証した全ての法人向けセキュリティソフトの中で、『エフセキュア クライアント セキュリティ』は、通年に渡り高いスコアを獲得しており、『Best Protection 2011 Award』の受賞に相応しいといえます。」

同性能テストは、多角的に製品の性能を検証、比較をすることで業界のスタンダード向上を目的として実施されており、7つの法人向けセキュリティソフトを対象に行われました。多種多様な最新のマルウェアにを用い、マルウェア感染からPCを守る能力を計る「Best Protection (マルウェア対策能力)」と「Best Repair (マルウェア駆除能力)」に加え、「Usability (ユーザビリティ)」の3項目において行われました。

「Best Protection 2011 Award」受賞をうけ、エフセキュアのセキュリティ研究所で所長を務めるミカ・スタルバーグは、「過去数年に渡り、私たちが高品質のセキュリティ製品を拡充することができたことをと喜ばしく思います。これにより、法人向け製品の性能においてもエフセキュアが業界を牽引していることが実証されました。」と延べています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング