アルテラ、 Stratix 10 SoCにクアッドコア64 ビットARM Cortex-A53の搭載を発表

PR TIMES / 2013年10月30日 12時30分

●Stratix(R) 10 SoC: インテルの 14nm トライゲート・プロセスで製造、業界で最も汎用性の高いヘテロジニアス・コンピューティング・プラットフォームを実現

アルテラ・コーポレーションは、米国時間 10 月 29 日 (日本時間: 10 月 30 日)、インテルの 14nm トライゲート・プロセスで製造される Stratix(R) 10 SoC デバイスに、浮動小数点 デジタル・シグナル・プロセッシング(DSP)ブロックと高性能 FPGA ファブリックを補完する、高性能クアッドコア 64 ビット ARM(R) Cortex(TM)-A53 プロセッサ・システムを採用したことを発表しました。

プログラマブル・ロジック・ソリューションの世界的リーディング・カンパニーであるアルテラ・コーポレーション(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、社長、CEO 兼会長:ジョン・デイナ、日本法人:東京都新宿区、代表取締役社長:ハンス・チュアン、NASDAQ:ALTR 以下、アルテラ)は、米国時間 10 月 29 日 (日本時間: 10 月 30 日)、インテルの 14nm トライゲート・プロセスで製造される Stratix(R) 10 SoC デバイスに、浮動小数点 デジタル・シグナル・プロセッシング(DSP)ブロックと高性能 FPGA ファブリックを補完する、高性能クアッドコア 64 ビット ARM(R) Cortex(TM)-A53 プロセッサ・システムを採用したことを発表しました。

この汎用性の高いヘテロジニアス・コンピューティング・プラットフォームは、OpenCL を含む、アルテラの先進的なシステム・レベルのデザイン・ツールと組み合わせて使用することで、データセンターのコンピューティング・アクセラレーション、レーダー・システム、通信インフラストラクチャなどの広範なアプリケーション向けに、類いまれな適合性、性能、電力効率、設計生産性を提供します。

ARM Cortex-A53 プロセッサは、SoC FPGA では初めての採用となる64ビット・プロセッサで、その性能、電力効率、データ処理能力、先進機能から、Stratix 10 SoC に最適なプロセッサです。Cortex-A53 は、ARM社のアプリケーション・クラス・プロセッサの中で、最も電力効率に優れたプロセッサの一つですが、14nm トライゲート・プロセスで提供時には、現在最も高い性能を発揮する SoC FPGA と比較して、6倍以上のデータ処理能力を実現します。また、仮想化、最大 256 テラバイトのメモリ範囲、L1 および L2 キャッシュでのエラー・コレクション・コーディング(ECC)のサポートなど、重要な機能も提供します。さらに、Cortex-A53 コアは、Cortex-A9 オペレーティング・システムとコードを変更せずに実行できる32ビット・モードで動作でき、アルテラの 28nm および 20nm SoC FPGA からの、円滑なアップグレード・パスを提供します。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング