フォトニクスデバイス・材料設計解析ツール「RSoft Photonic Component Design Suite」最新バージョン「Version2013.12」リリースのお知らせ

PR TIMES / 2014年1月16日 16時29分

CODE V/LightTools との連携シミュレーションが容易に可能 ―オプティカルとフォトニクスのシームレスな連携―



サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:田中 邦明、以下「サイバネット」)は、Synopsys, Inc.(本社:米国 カリフォルニア州、以下「Synopsys社」)が開発し、サイバネットが販売・サポートする「光デバイス/光通信システム設計環境 RSoft」(以下、RSoft)におけるフォトニクスデバイス・材料設計解析ツール「RSoft Photonic Component Design Suite」の最新バージョン「Version2013.12」の販売を、2014年1月16日から開始することをお知らせいたします。

RSoftは、光通信デバイスやネットワークの設計、最適化、解析の他、半導体製造や、ナノレベルの光学構造を
もつ光学部品の設計に活用されています。光ファイバー、半導体露光装置、シリコン製の光学チップ、LEDのような製品において、光学構造やシステム構築の設計、最適化に従事する技術者の皆様に効果的です。

最新の複雑なナノ・テクノロジーやLED/有機ELなどの微細な光学部品の開発では、生産性の向上、開発期間の短縮が不可欠です。マルチスレッド(※)をサポートしたVersion 2013.12では高速、大規模なシミュレーションが可能です。また3D遠方界表示やLED取り出し効率の解析もより正確に行えるようになります。
Synopsys社が開発し、サイバネットが販売・サポートする「光学設計ソフトウェア CODE V」(以下、CODE V)や「照明設計解析ソフトウェア LightTools」(以下、LightTools)との連携もスムーズになり、ナノフォトニクスからオプティクスの領域までのトータルな解析が可能になります。

※マルチスレッド:照明シミュレーションでコンピュータ上のすべてのCPU、コアを活用すること

=============================================================================
CODE Vとの連携機能
=============================================================================
光線追跡法のCODE VとRSoftツール間のデータ交換は双方向で可能ですが、従来のComplexフォーマットに加えてVectorフォーマット(Ex、Ey、Ezの各成分を分けて記述)がサポートされました。これにより、回折格子などの微小光学素子から、一般的なレンズのような部品の両方を含む、多岐に渡る光学系の設計や解析を精密に行う事ができます。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング