ルドルフ・ディーゼルの言葉に触発され、電動化の道を突き進む

PR TIMES / 2013年12月26日 14時44分

ロバート・ボッシュGmbHのディーゼル・システム事業部長Markus Heynはこのインタビューで、ディーゼルエンジンを搭載した乗用車がなぜ今、まさに北米市場を席巻しようとしているのか、ディーゼルトラック用の電気駆動装置に大きな期待がかかるのはなぜか、その理由を語ります。

質問:電気自動車やハイブリッド車が話題を賑わす昨今ですが、ディーゼルエンジンもさらなる進化を遂げています。それはなぜなのでしょうか?

答え:話は簡単です。ディーゼルの実力が世界を動かし、今後さらに注目が高まっていくからです。乗用車部門では、遠大な排出ガス低減目標を達成するカギをディーゼルが握っています。例えば、欧州は自動車のCO2排出量を2020年までに95g/kmに低減することを目指しています。ディーゼルエンジンはまた、低燃費とドライビングプレジャーをうまく両立させ、特に出張や通勤の足として力を発揮します。これまでも欧州でメジャーな存在だったディーゼルエンジンが他の国々でもドライバーの人気を集めているのはそのためです。米国を例に挙げると、ボッシュでは、同国の小型車セグメントにおけるディーゼル車のシェアが2018年に10%に上昇するのはまず確実と見ています。また、2017年までに北米市場で提供されるディーゼル車のモデル数は約60に達する見込みです。ヨーロッパの自動車メーカーの開発の動きからもわかるように、ディーゼルとハイブリッドテクノロジーは組み合わせることによって、さらに新しい価値が提供されます。プジョー3008 HYbrid4やボルボV60といったディーゼルハイブリッド車の登場もそのことを証明してくれています。


質問:ディーゼル車と聞くと、黒煙や排気ガスの刺激的な匂いを反射的に思い浮かべる人が多いと思います。このイメージはボッシュのクリーンディーゼル・コンセプトとは異なります。両者の違いを教えていただけますか?

答え:黒い排気ガスのイメージが出来上がったのは一昔前、1980年代の話です。他方、クリーンディーゼルは、今日市場で提供される最新世代ディーゼル車を生み出した基本コンセプトです。1990年代初頭のディーゼルエンジンに比べ、最新型ディーゼルエンジンではNOx排出量が96%、粒子状物質の排出量は98%も減少しています。それを可能にしているのが、マルチ噴射を可能にした高度な燃料噴射システムと先進的な排出ガス後処理システムです。ボッシュのDENOXTRONICシステムを搭載すれば、最重量級のディーゼルトラックでさえも、EURO 6のような厳しい排出ガス基準を満たすことができます。また、乗用車向けディーゼルエンジンの場合、作動音はガソリンエンジンとほとんど区別がつかないほど静かになったほか、先進的なディーゼルエンジンのCO2排出量は、同等クラスのガソリンエンジンと比べて最大25%も少なくなっています。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング