Class D“ダイレクト エナジーHDアンプ”搭載AVアンプ2機種を発売

PR TIMES / 2013年8月7日 14時21分

~9chハイパワー同時出力に加え、豊かな低音再生と精緻な音のニュアンスを再現~ ESSテクノロジー社製“SABRE 32bit Ultra DAC”搭載モデル

 パイオニアは、9チャンネル同時ハイパワー出力を可能にする“ダイレクト エナジーHDアンプ”を搭載し、全チャンネル(9.2ch)にESSテクノロジー社製“SABRE 32bit Ultra DAC”を採用することで高音質を実現した、AVアンプ「SC-LX87」「SC-LX77」を発売します。
 両モデルは、ハイパワーで迫力のあるサラウンド再生に加え、Appleロスレス、AIFF、FLAC、WAVなどのハイレゾリューション音源※1の高音質再生や、4K映像※2信号のパススルー伝送・4Kアップスケーリング機能による高精細な映像再生にも対応しています。また、AirPlayをはじめ、最新ネットワーク機能に対応するとともに、ネットワーク上にあるハイレゾリューション音源などのさまざまな音楽ファイルの再生や、アプリケーションによる快適操作・設定も可能です。
 「SC-LX87」は、高音質ファイルであるDSD※3音源のUSBメモリーによる再生に加え、192kHz/32bitまでの音楽ファイル再生に対応した「USB DAC機能」※4を搭載するなど、オーディオファンの方への新たな提案を行っています。




【商品名】 AVアンプ

【型番/希望小売価格】 SC-LX87 /350,000円(税込)

               SC-LX77 /261,000円(税込)

【発売時期】 9月下旬


【主な特長】
■ Class D “ダイレクト エナジーHDアンプ”の搭載により、マルチチャンネル同時ハイパワー出力を実現
 (SC-LX87:9ch-810W、SC-LX77:9ch-770W)

■ デジタル信号を低ジッターでアナログ変換する、ESSテクノロジー社製D/Aコンバーター“SABRE 32bit Ultra DAC”を全チャンネル    (9.2ch)に採用したことで、豊かな低域再生を実現

■ 音声信号の解像度を32bitまで拡張処理する「Hi-bit 32 Audio Processing」により、Appleロスレス、AIFF、FLAC、WAVなどのファイル音源やBDなどのロスレスコンテンツの微妙なニュアンスを再現

■ 世界トップクラスの録音スタジオ「Air Studios」のサウンドクリエイターとの音質チューニングにより、質感の高い中高域と迫力ある低域再生を実現

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング