1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

クリスマスや新年のプレゼントにも。この一冊で2,500語のことばの達人に!クスっと笑う四コマ漫画と、小学生目線の活用例で思わず使ってみたくなる。『小学 ことわざ・四字熟語新辞典』がリニューアル!

PR TIMES / 2021年11月30日 17時45分

辞書引き学習の開発者 深谷圭助先生監修。小学生「ことわざ・四字熟語・慣用句・故事成語」をこの一冊で。

「いつのまにこんな言葉まで!」先生や保護者が驚く場面も出てきそう。知的好奇心をくすぐる辞典
●すべてのページに四コマ漫画。言葉と触れ合う入口を楽しく構成
●やさしい言葉で意味を説明。小学生に身近な用例で使う場面がイメージしやすい
●ことばの成り立ちや外国のことわざのお話も。深く学べるコラムも充実



教育出版社 株式会社増進堂・受験研究社(本社:大阪市西区、代表取締役:岡本明剛)は、楽しい四コマ漫画を取り入れ、小学生の日常生活に身近な用例や、外国のことわざの話など好奇心をくすぐるコラムを織り交ぜた「ことわざ・四字熟語・慣用句・故事成語」約2,500語を収録する『小学 ことわざ・四字熟語新辞典』を2021年12月10日より発売いたします。
[画像1: https://prtimes.jp/i/43401/83/resize/d43401-83-9f7da470c045090802c5-0.jpg ]



●辞書引き学習の開発者 深谷圭助先生が監修
ー 子どもは、「新しい言葉」を知ると、どこかで使ってみたくなる ー
[画像2: https://prtimes.jp/i/43401/83/resize/d43401-83-5e011142b57a00626026-5.png ]

(「はじめに」より冒頭一部を抜粋)
子どもは、「新しい言葉」を知ると、どこかで使ってみたくなるようです。「新しい言葉」を覚えて、それを使うことで、言葉がどんどん身に付いていくのです。子どもは、言葉を身に付けることで知的に成長していきます。そんな言葉の成長を日々感じることができればと、いつも私は願っています。特に、幼児期(3~5歳)から学童期(6~12歳)にかけて、子どもは、獲得した言葉を大幅に増やしていきます。豊かな語彙を身に付けるようになります。これらの語彙を身に付けるためには、さまざまな場面でそれらを使ってみようとすることがとても大切です。



●身近に使えることばの辞典
[画像3: https://prtimes.jp/i/43401/83/resize/d43401-83-801006d0b91e8f2fd5ec-10.png ]

小学1年~中学入試までを対象に、ことわざ・四字熟語・慣用句・故事成語などを2500程度収録しています。
それぞれの項目には、意味と用例を掲載し、類似や対照のことば、参考となる知識やことばの由来となる故事をつけ加えました。


[画像4: https://prtimes.jp/i/43401/83/resize/d43401-83-b77bbff84c5824e0191d-11.png ]

数ページごとに学習の意欲を刺激するクイズやパズル、ことばに関する知識をまとめた8つのコラムを設けていますので、楽しみながら学習を進められます。各ページの上段には、収録したことばを使ったマンガを掲載し、ビジュアルも楽しい紙面としました。また小学1年生から使えるように、漢字にふりがなを付けています。


[画像5: https://prtimes.jp/i/43401/83/resize/d43401-83-dbda11e471a5bb395537-8.png ]


巻末にはキーワードで分類した索引も掲載しています。
[画像6: https://prtimes.jp/i/43401/83/resize/d43401-83-69d75c2857e02b3d1424-13.png ]




●中学入試にも対応
中学入試によく出ることばをランキング形式で巻末にまとめました。入試直前に最後の確認をすることができます。
[画像7: https://prtimes.jp/i/43401/83/resize/d43401-83-3293c8254cf312ef4683-12.png ]


※紙面のイメージは、配⾊など実際の商品と異なる場合がございます。


■書籍概要
小学 ことわざ・四字熟語新辞典
判型:A5判 416ページ
発売予定日:2021年12月10日
定価:2,200円(税込)

■書籍情報の詳細はこちら
https://www.zoshindo.co.jp/elementary/242/9784424626749.html


■保護者向け教育情報サイト「manavi」
[画像8: https://prtimes.jp/i/43401/83/resize/d43401-83-792b840c17f2271305c9-4.jpg ]

これからを生きる子どもたちに、学び・体験のなかで「!」という感動に出会ってほしい。そして、人生を輝かせてほしい。「manavi」はそんな子どもたちの学びをナビゲートしたいと願う保護者のための教育情報サイトです。
国語・英語・算数の教科ごとに重要な学習テーマを解説するトピックスなどもご紹介していますので、ぜひご覧ください。
https://www.manavi.zoshindo.co.jp


■会社概要
株式会社増進堂・受験研究社
1890年創業の教育系出版社。日本初のドリル型教材や、「知りたいことが何でもわかる」をコンセプトに厚物参考書という新ジャンルを確立し、2600万部60年のロングセラーとなっている『自由自在』シリーズなど、創業以来130年にわたり常に時代に先駆けた教材を開発。“学ぶすべての人に、最良の学びを届ける”をミッションとし、現在は出版にとどまらず、デジタル事業・海外事業・発達に特性のある子どもや外国人の子ども向けの多様な学び事業など、様々な角度から教育事業を推進。AI・VRなどの最新技術の実証研究や、新分野のコンテンツ開発などを行うNEXT LEARNING Labsも運営。

所在地:大阪市西区新町3丁目3番6号
代表者:代表取締役 岡本明剛
http://www.zoshindo.co.jp/
130周年記念サイト  https://www.zoshindo.co.jp/special/130th.html

■本件に関する取材およびお問合せ先
株式会社増進堂・受験研究社
担当:総務部 広報・マーケティング課 山本
E-mail:info@zoshindo.co.jp


企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください