シリーズ累計210万部突破、香川元太郎の大人気「迷路絵本」シリーズ最新刊は『乗り物の迷路』!

PR TIMES / 2013年7月19日 11時50分

「親子でいっしょに楽しむ」「子どもの興味を広げる」「プレゼントに最適」と大好評シリーズの第10弾

株式会社PHP研究所(京都市南区・代表取締役社長 清水卓智)は、2013年7月18日、香川元太郎 作・絵『乗り物の迷路』を発売いたしました。「迷路絵本シリーズ」は累計210万部突破の大人気作品で、今回の『乗り物の迷路』は、その記念すべきシリーズ第10弾となります。自動車、電車、船、飛行機など、370以上の乗り物が登場し、読者への一般公募で実施した「夢の乗り物コンテスト」の入賞作を作中にもりこむなど、著者渾身の意欲作となっております。



本作品の舞台は、あらゆる乗り物が存在する「乗り物王国」。車、電車、船、飛行機はもちろん、自転車、建設機械、遊園地のアトラクションなど、さまざまな乗り物がある国です。小さいお子様にも親しみやすく、遊びながらいろんな乗り物を知ることができる一冊となっております。


記念すべきシリーズ第10弾!作者からのメッセージ

本作品に関して、作者の香川元太郎氏は、その思いをつぎのように述べておられます。

「今回は、これまでの迷路絵本シリーズの中でも、ひときわ手間がかかりました。もちろん、乗り物を正確に描くのが大変だったのですが、実は迷路を作ることにも予想以上に苦労しました。人が通る道なら狭くてもいいのですが、車が通る道にはそれなりの幅が必要です。電車のレールに至っては、カーブも緩やかでなければなりません。その制約の中で迷路を作るのには、かなり頭をひねりました。

 そして今回は初めての企画にも取り組みました。「あったらいいな」という夢の乗り物のアイディアを読者の皆様から募集したのです。200通近い応募作品には、それぞれ楽しい乗り物が描かれていました。当初の予定を大幅に超えて、34点を選んだのですが、それでも使わないのがもったいない作品がたくさん!

 そんな多くの方々のアイディアも加えて、でき上がったのが『乗り物の迷路』です。もちろん人気のかくし絵、クイズも満載! そして今回のミッションは、色々な乗り物に乗せてもらいながらスパイたちを追いかけ、盗まれた乗り物のパーツを取り戻すこと。パーツを集めると、どんな乗り物ができるのか? 乗り物王国にはどんな秘密があるのか? お子様同士でも、ご家族でも、答えをみつけて楽しんでいただければ幸いです」


こどもはもちろん、パパ・ママからも大絶賛!(既刊「迷路絵本シリーズ」に寄せられた読者の感想)

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング