1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

技術の進歩と需要による化合物半導体市場2021年から2027年

PR TIMES / 2021年11月27日 11時45分

世界の化合物半導体の市場規模、状況、および予測2021

東京、2021年11月26日、Market Insights Reports(Ameliorate Digital Consultancyグループの会社)は、2021年11月16日から販売されている化合物半導体市場に関する最新の市場調査レポートをリリースしました。

グローバル化合物半導体市場調査レポート2021-2027は、ビジネスストラテジストにとって洞察に満ちたデータの貴重な情報源です。業界の概要と、成長分析、過去および未来のコスト、収益、需要、供給データ(該当する場合)を提供します。リサーチアナリストは、バリューチェーンとそのディストリビューター分析の詳細な説明を提供します。この市場調査は、このレポートの理解、範囲、および適用を強化する包括的なデータを提供します。

リンクをクリックして、レポートのサンプルコピーを入手してください。

https://www.marketinsightsreports.com/reports/08193181611/china-compound-semiconductor-market-report-forecast-2021-2027/inquiry?Mode=P68

市場セグメンテーション:

キープレーヤー:
IQE PLC、住友電気工業、SCIOCS、三菱化学、サナンオプトエレクトロニクス、デュポン、信越化学、DOWA、フライバーガー、JX金属鉱業および金属など。

業界ニュース

2020年2月-Skyworksは、高出力Wi-Fi 6(802.11ax)アプリケーションおよびシステム向けに設計されたソリューションのポートフォリオに、SKY85333-11(2.4 GHz)とSKY85747-11(5 GHz)の2つの新しいフロントエンドモジュールを導入しました。これらの高度に統合されたFEMには、ネットワーキングやWLAN対応のワイヤレスビデオストリーミングシステムなどのデバイス用のスイッチング、バイパス付き低ノイズアンプ(LNA)およびパワーアンプ(PA)が組み込まれています。これらは、Qualcomm(QCA)Hawkeyeファミリに基づく主要なリファレンスデザインをサポートしています。

2020年2月-アナログ・デバイセズとマーベルは、マーベルの業界をリードする5GデジタルプラットフォームとADIの世界クラスの広帯域RFトランシーバー技術を活用して、5G基地局向けに完全に最適化されたソリューションを提供する技術コラボレーションに署名しました。コラボレーションの一環として、両社は緊密に結合されたRFトランシーバーを備えた完全に統合された5Gデジタルフロントエンド(DFE)ASICソリューションを提供し、多様なセットに最適化されたベースバンドおよびRFテクノロジーを含む次世代無線ユニット(RU)ソリューションを開発するために協力します。機能分割とアーキテクチャの。

タイプ別セグメント:
ガリウム砒素(GaAs)
窒化ガリウム(GaN)
炭化ケイ素(SiC)
その他

アプリケーション別セグメント:
電子部品
フォトニックデバイス
オプトエレクトロニクスデバイス
集積回路

地域は化合物半導体市場レポート2021年から2027年までにカバーされています

市場のダイナミクスを包括的に理解するために、世界の複合半導体市場は、主要な地域、つまり北米(米国、カナダ、メキシコ)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、英国、ロシア、イタリア)、アジア太平洋(中国)にわたって分析されています。、日本、韓国、インド、東南アジア)、南アメリカ(ブラジル、アルゼンチン、コロンビア)、中東、アフリカ(サウジアラビア、UAE、エジプト、ナイジェリア、南アフリカ)。これらの各地域は、市場のマクロレベルの理解のために、これらの地域の主要国全体の市場調査結果に基づいて分析されます。

レポートの主なハイライト

–タイプ、最終用途、および地理的地域によってセグメント化された、世界の化合物半導体業界の定量的な市場情報と予測。

–化合物半導体の成長を2027年まで推進する主要な技術的、人口統計学的、経済的、および規制要因の専門家による分析。

–新しい投資のための市場機会と推奨事項。

– 2027年までの新興国の成長見通し。

完全なレポートを閲覧する:

https://www.marketinsightsreports.com/reports/08193181611/china-compound-semiconductor-market-report-forecast-2021-2027?Mode=P68

世界の化合物半導体市場を示す13のセクションがあります。

第1章: 市場の概要、推進要因、制約と機会、セグメンテーションの概要
第2章: メーカー別の市場競争
第3章: 地域別の生産
第4章: 地域別の消費
第5章: 生産、種類別、収益と種類別の市場シェア
第6章: アプリケーション別の消費、市場シェア(%)およびアプリケーション別の成長率
第7
章: メーカーの 完全なプロファイリングと分析第8章:製造コスト分析、原材料分析、地域ごとの製造費
第9章: 産業チェーン、調達戦略および下流バイヤー
第10章: マーケティング戦略分析、ディストリビューター/トレーダー
第11章: 市場効果要因分析
第12章: 市場予測
第13章: 複合半導体市場調査の結果と結論、付録、方法論およびデータソース

最後に、研究者はグローバル化合物半導体市場のダイナミクスのピンポイント分析に光を当てます。また、市場成長の背後にある基本的なルーツである持続可能なトレンドとプラットフォームを測定します。競争の程度は、調査レポートでも測定されます。SWOT分析とポーターの5つの分析の助けを借りて、市場は深く分析されました。また、ビジネスの前にあるリスクと課題に対処するのにも役立ちます。さらに、販売アプローチに関する広範な調査を提供します。

その他のレポートを閲覧する:

世界のインジウムガリウムヒ素(InGaAs)カメラ販売市場レポート2021

https://www.marketinsightsreports.com/reports/11233950724/global-indium-gallium-arsenide-ingaas-camera-sales-market-report-2021?Mode=68

化合物半導体市場の洞察のための世界および日本のドライエッチング機、2027年までの予測

https://www.marketinsightsreports.com/reports/10273536290/global-and-japan-dry-etching-machine-for-compound-semiconductor-market-insights-forecast-to-2027?Mode=P68

世界および日本ガリウム砒素基板市場の洞察、2027年までの予測 https://www.marketinsightsreports.com/reports/11183864534/global-and-japan-gallium-arsenide-subsite-market-insights-forecast-to-2027?Mode= P68

世界のガリウム砒素次世代半導体市場の成長2021-2026

https://www.marketinsightsreports.com/reports/11043682141/global-gallium-arsenide-next-generation-semiconductor-market-growth-2021-2026?Mode=P68

注:私たちがリストするすべてのレポートは、COVID-19の影響を追跡しています。これを行う際に、サプライチェーン全体の上流と下流の両方が考慮されています。また、可能であれば、第3四半期のレポートに追加のCOVID-19更新補足/レポートを提供します。営業チームに確認してください。

私たちに関しては:

MarketInsightsReportsは、ヘルスケア、情報通信技術(ICT)、テクノロジーとメディア、化学、材料、エネルギー、重工業などの業界に関するシンジケート化された市場調査を 提供します。MarketInsightsReportsは、グローバルおよび地域の市場インテリジェンスカバレッジ、360度の市場ビューを提供します。これには、統計的予測、競争環境、詳細なセグメンテーション、主要な傾向、および戦略的な推奨事項が含まれます。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください