日経「環境経営度調査」でパナソニックが3年連続製造業総合1位を獲得

PR TIMES / 2012年1月31日 18時45分



パナソニック株式会社は、日本経済新聞社による第15回「環境経営度調査」において、3年連続で製造業総合1位を獲得しました。

本調査は、企業による調査票への回答に基づき、環境経営への取り組みが優れている企業をランキングするもので、日本経済新聞社が1997年から毎年実施している調査です。第15回となる2011年度は製造業1,744社を対象に調査を実施し、評価項目は「環境経営推進体制」、「汚染対策・生物多様性対応」、「資源循環」、「製品対策」、「温暖化対策」の5つです。当社は「環境経営推進体制」、「汚染対策・生物多様性対応」、「資源循環」の3項目でトップ評価を受けるなど、回答企業449社で唯一、全項目で6位以内に入りました。

なお、各社の環境担当者を対象に同時実施された、企業の環境経営に関するイメージ調査「イメージランキング」でも、当社は昨年に引き続き、2位を獲得しました。トップとの点差も毎年徐々に縮めています。

当社は創業100周年の2018年に、エレクトロニクスNo.1の「環境革新企業」になることをめざして、あらゆる事業活動の基軸に環境を置いた経営を進め、環境貢献と事業成長の一体化、すなわち「事業を伸ばせば伸ばすほど地球環境がよくなっていく」という姿の実現に向けて日々努力を重ねています。本年1月よりスタートした新体制のもと、今後も常に「くらし」を起点として、地球の未来と社会の発展に貢献し続けてまいります。

▼パナソニックのエコアイディア
http://panasonic.co.jp/eco/ecoideas

▼パナソニックの環境活動
http://panasonic.co.jp/eco/



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング