フリースケール、次世代のi.MX/QorIQ製品開発に向け、ARMとのパートナー関係を拡張し、Cortex-A50プロセッサ・コアのライセンスを取得

PR TIMES / 2013年3月4日 11時37分

フリースケール・セミコンダクタ・ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区下目黒1-8-1、代表取締役社長:ディビッド M. ユーゼ、以下 フリースケール)は、i.MX(アイドット・エムエックス)アプリケーション・プロセッサやQorIQ(コア・アイキュー)通信プロセッサといった製品ラインの次世代のバージョン向けに、ARM(R) Cortex(TM)-A50シリーズ・マイクロプロセッサ(MPU)のライセンスを取得しました。今回の合意により、フリースケールは、ARMと新たな複数年ライセンス契約を包括的に締結し、ARMアーキテクチャに対するコミットメントを示すとともに、ARMベースのポートフォリオを拡充し、業界有数の幅広いARMテクノロジのソリューションを提供していきます。

フリースケールの上席副社長兼マイクロコントローラ・グループ担当ジェネラル・マネージャであるジェフ・リースは、次のように述べています。「フリースケールは、ARM Cortex-A50プロセッサ・シリーズをはじめとして、ARMと複数年のライセンス契約を締結できたことをうれしく思います。今回の合意により、フリースケールとARMの長期にわたる戦略的技術パートナー関係が強化され、フリースケールは最新のARMテクノロジを利用し、次世代のi.MXアプリケーション・プロセッサを開発できるようになります。」

ARMが先日発表したCortex-A50シリーズは、ARMv8アーキテクチャをベースとしており、64ビットおよび32ビットの実行モードを備えています。このシリーズの最初の製品は、Cortex-A57プロセッサとCortex-A53プロセッサです。Cortex-A57プロセッサは、ARMで最も先進的な高性能プロセッサです。一方、Cortex-A53プロセッサは、最も消費電力効率に優れたARMアプリケーション・プロセッサで、世界最小の64ビット・プロセッサでもあります。

Cortex-A53プロセッサとCortex-A57プロセッサは、それぞれ独立して動作させることも、ARM big.LITTLE(TM)プロセッサ構成に組み込んで、優れた性能と消費電力効率を両立させることも可能です。big.LITTLE処理を採用したSoC(システムオンチップ)では、同一デバイス内に異なる2つの互換処理エンジンを実装し、電力管理ソフトウェアがタスクに最適なプロセッサをシームレスに選択できるようになります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング