資生堂ビューティートップスペシャリスト・原田忠著『一流の男のボディケア』を刊行。八重洲ブックセンターで記念のトーク&サイン会も開催します。

PR TIMES / 2013年7月16日 13時48分

仕事ができるるビジネスマンも、見た目で損をしていませんか?

株式会社PHP研究所(京都市南区・代表取締役社長 清水卓智)は、『一流の男のボディケア』を刊行しました。7月17日(水)には、著者の原田忠さんによる発刊記念トーク&サイン会を、八重洲ブックセンター本店で開催します。





生きる上で、人前で身だしなみを整えるのはマナーであり、年齢を重ねるほどダンディズムを感じさせるよう体を手入れすることも大切なことでしょう。カラダをケアすることは、人生を丁寧に生きているということであり、一流の男性か二流の男性かの分かれ目は、まさにここにあるのではないでしょうか。

そうした考え方が広がりつつあるからか、男性用化粧品売場では、年代別に細分化された男性化粧品や髪質別に分かれた整髪料が所狭しと並んでいます。この状況は年々増しており、やはりボディケアを意識している男性が増えているのは間違いありません。

ただ、女性には常識でも、男性、特に中高年男性はお洒落の基本も知らず、仕事が出来る人でも見た目で損をしている人は少なくありません。

本書では肌の手入れ、髪の手入れ、身だしなみの手入れなどをしっかり紹介し、男性が人から見た印象がよくなり、胸を張って歩けるようになるよう丁寧に解説してまいります。

著者の原田忠氏は資生堂のビューティートップスペシャリストとして、商品開発に携わったり、海外のファッションショーや有名アーティストのヘアメイクを行ったりしています。一般男性向けの整容講座なども積極的に手がける、この世界の第一人者です。

特に人間の内面の美質を美容で表現することにかけては定評があり、JHAグランプリ他数多くの受賞歴があります。

人生であれ、仕事であれ、一流をめざす男性が自身の見た目を磨く上で、原田氏ほど頼りになるアドバイザーは他にいません。男性美容の“原田マジック”を多くの男性に実践いただく虎の巻が本書です。


なお、本書の刊行を記念し、7月17日(水)には、原田忠さんによる発刊記念トーク&サイン会を、八重洲ブックセンター本店で開催します。肌の手入れ、髪の手入れ、身だしなみの手入れなど、男性が知っておきたい整容術を実演を交えてご紹介いただく予定となっております。

また今回は、ご来場の皆様全員にもれなく、資生堂より、男性特有の皮膚生理の研究成果から生まれたスキンケアブランド「資生堂メン」のスキンケアサンプルと、ヘアスタイリング剤セット(ステージワークス パウダーシェイク ミニボトル&ダンプジェリー)をプレゼントします!

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング