「麹の花 無添加オーガニック味噌󠄀」シリーズがソーシャルプロダクツ・アワード2020 ソーシャルプロダクツ賞を受賞

PR TIMES / 2020年3月9日 15時25分



 ひかり味噌󠄀株式会社(長野県諏訪郡下諏訪町、代表取締役社長 林善博、以下 当社)が販売するオーガニック味噌󠄀「麹の花 無添加オーガニック味噌󠄀」シリーズが、一般社団法人ソーシャルプロダクツ普及推進協会(本社:東京都中央区、会長 江口泰広)が主催するソーシャルプロダクツ・アワード2020 ソーシャルプロダクツ賞を受賞いたしました。
[画像1: https://prtimes.jp/i/22493/85/resize/d22493-85-367262-0.jpg ]



■ソーシャルプロダクツ・アワードとは

[画像2: https://prtimes.jp/i/22493/85/resize/d22493-85-126558-5.jpg ]

 ソーシャルプロダクツ・アワードとは、持続可能な社会の実現につながる、優れた「ソーシャルプロダクツ」に光をあて、デザインや機能などの「商品性」のみならず、環境や人・社会への配慮である「社会性」も兼ね備えた商品・サービスを評価する日本ではじめての表彰制度です。2012年に始まり、今回で7回目を迎えます。
 受賞商品は、大丸東京店(住所:東京都千代田区丸の内1-9-1)9階イベントスペースにて展示販売されます。(期間:2020年3月11日(水)~16日(月))

■ソーシャルプロダクツ賞受賞「麹の花 無添加オーガニック味噌󠄀」シリーズ
 このたび、ソーシャルプロダクツ賞を受賞した「麹の花 無添加オーガニック味噌󠄀」シリーズは、熟練した圃場管理者の目と手間をかけて丁寧に栽培された有機米・有機大豆を使用したオーガニック味噌󠄀です。味噌󠄀の醸造に適した冷涼な気候と豊富な水が整う、中央アルプスの麓で丁寧に熟成させました。通常タイプに加えて、減塩味噌󠄀、麦味噌󠄀、玄米味噌󠄀をラインアップしています。


[画像3: https://prtimes.jp/i/22493/85/resize/d22493-85-912184-6.jpg ]

 味噌󠄀の照りが鮮やかな白粒味噌󠄀です。味の決め手となる米麹の割合は12割。麹の割合が高すぎると甘みが強く、食べ飽きる、料理の味付けがうまくできないなど、人によっては調理が難しく感じるため、日常に使い勝手がよく、かつ米麹の味わい感じられる最適な麹の割合と熟成期間をバランス良く調整しました。まろやかな味わいの中に米麹のコクを感じていただけます。減塩タイプは、通常タイプより25%減塩しています。


[画像4: https://prtimes.jp/i/22493/85/resize/d22493-85-583355-7.jpg ]

 麦味噌󠄀は、有機大麦、有機大豆、天日塩を使用。麦麹ならではの芳醇な香りが特長です。強い甘みの麦味噌󠄀に慣れない方も親しみやすいよう、15 割麹ですっきりとした甘みに仕上げました。玄米味噌󠄀は、有機玄米、有機大豆、平釜塩を使用。長期熟成によって玄米麹が醸し出す奥深いコクと香りが特長です。玄米の粒々とした食感もお楽しみいただけます。

■オーガニック味噌󠄀が実現できるサステナビリティ
 当社はおいしく安心安全な商品をお届けすることはもちろん、早くから自然環境に負荷をかけることのないサステナブルの観点を取り入れ、味噌󠄀製造に従事してきました。その代表がオーガニック味噌󠄀です。
オーガニックの原料を使用した味噌󠄀を製造することは、有機圃場を保全すること、ひいては生態系の健全の向上、環境保全に繋がります。そして、日常食「味噌󠄀」でオーガニックを展開することは、メーカーの一方的な継続性だけでなく、消費者の継続性も期待することができ、双方向からオーガニックの持続性を実現できると考えています。
 当社はSDGsの達成に向け、安心安全なオーガニック商品を通じた環境保全への寄与を重点課題に掲げています。2030年オーガニック味噌󠄀生産量5,000tの目標達成に向けて、これからもオーガニック味噌󠄀販売量増とオーガニック商品の拡充により、オーガニックが日常にある食生活を推進いたします。

●ひかり味噌󠄀のSDGsへの取り組み https://www.hikarimiso.co.jp/csr/sdgs/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング