1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

新たなコミュニティが生まれるソーシャル&ライフスタイルホテル 東京初のlyfブランド「lyf銀座東京」が11月30日(木)オープン

PR TIMES / 2023年11月30日 14時0分

~国内外から訪れる多様なゲストや地域の人がつながり、輪が広がる居場所を提供~

シンガポールに拠点を置き、世界40ヵ国220都市以上で展開し、世界をリードするホスピタリティオペレーターであるThe Ascott Limited(以下「アスコット」)(日本での運営会社:株式会社アスコットジャパン/東京都港区、社長:クリスチャン・ボーダー)は、首都圏では初、日本では福岡・天神に続いて2拠点目となる、東京・銀座エリアに「lyf銀座東京」を本日、2023年11月30日(木)に開業いたしました。lyf(ライフ)は、宿泊利用のみならず、シェアスペースを仕事や交流の場として使うなど、誰もが気軽に集うことができ、コミュニティの輪が自然と広がっていく空間を提供するソーシャル&ライフスタイルブランドです。



[画像1: https://prtimes.jp/i/50125/85/resize/d50125-85-f80359d7db7effe06f74-9.png ]

lyf銀座東京は、オフィス街である東京メトロ京橋駅や宝町駅から徒歩1分、東京の玄関口として多くの方が利用する東京駅へも徒歩7分とアクセスが良い場所に位置しています。またデパート・ブランドショップ・飲食店などが建ち並び外国人旅行者に人気のショッピングエリアだけでなく、ギャラリーや画廊が数多くあるアートスポットとしても知られている銀座駅までも徒歩10分圏内であり、ビジネスでの利用のみならず、ショッピング、グルメ巡り、アート探訪など多様な顔をもつ銀座エリアを堪能する拠点としてご利用いただけます。

■つながる・広がる・新しい居場所、それがlyf
【コンセプト:A New Way to Belong (新しいコミュニティの形)】
「Live Your Freedom(あなたらしく自由に生きる)」に由来しているlyfは、多様な人々が集い、仲間になり、コミュニティが形成され、そのつながりから新たなアイディアや価値が生まれる場所です。「Togetherness(協調性)」「Authenticity(信頼性)」「Curiosity(好奇心)」「Creativity(創造力)」「Freedom(自由)」という5つのlyfブランドのコアバリューのもと、「泊まる」だけではなく、lyfでのつながりから広がる新しいコミュニティの形「A New Way to Belong」を提供します。

【どこにいてもつながる「lyf Community(lyfコミュニティ)」】
lyfを拠点につながったすべてのコミュニティを「lyf Community(lyfコミュニティ)」と呼び、いつでも、どこにいても、オンライン、オフラインを超えて常につながることができるよう、情報をSNSプラットフォームやlyf拠点でのイベントを通じて、発信し続けていくことで、コミュニティを形成していきます。新しいコミュニティの創出としてlyf銀座東京では、開業に先駆けて2023年11月よりクリエイターや起業家・マーケター向けコミュニティ「lyf Creators’ Lab(https://www.discoverasr.com/ja/lyf/japan/lyf-ginza-tokyo/lyf-creators-lab)」プロジェクトを開始しています。

「lyf Community (lyfコミュニティ)」の詳細は以下のリンクからをご覧ください
lyf Community note: https://note.com/lyfcreatorslab 
lyf銀座東京公式インスタグラム:@lyf.ginza https://www.instagram.com/lyf.ginza/

■まさにlyfstyle(lyfスタイル)を提供するスタッフ
lyfの特徴の一つとして、「Ambassador of Bazz(アンバサダー・オブ・バズ)」と呼ばれる、各種イベントを企画し、人々の交流を促す役割を持つ専任スタッフがいます。地元のインフルエンサーや企業そして地域コミュニティとつながっていく活動を積極的に実施します。東京・銀座エリアという国際色豊かで多様な文化を持ち、観光やビジネスでも利用できる立地を活かし、様々なテーマでイベントを実施することで、人やコミュニティをつなぐ役割を果たしていきます。

また、スタッフのことをlyf Guard(lyfガード)、支配人のことをlyf Champion(lyfチャンピオン)と呼んでいます。lyf Guard(lyfガード)は、ゲストの到着から出発までの対応や、滞在中にゲスト同士が気軽につながれるようにコミュニケーションをサポートしたり、ホテル周辺地域の楽しみ方などを紹介したり、快適な旅と滞在になるようお手伝いいたします。

■さまざまなつながりが生まれるシェアスペース
【ソーシャルスペース】 
lyfの象徴とも言えるソーシャルスペースには、コワーキングラウンジ「CONNECT(コネクト)」、ソーシャルキッチン「BOND(ボンド)」、ランドリールーム「WASH&HANG(ウォッシュ&ハング)」、ジム「BURN(バーン)」、そしてCafe & Bar「REFUEL⁺(リフュールプラス)」があります。

コワーキングラウンジ「CONNECT」:ゲストが旅の合間に一息ついたり、電源完備のデスクや半個室のワーキングスペースで集中的な作業したり、ゲスト同士が集い、コミュニティを作る拠点になります。

ソーシャルキッチン「BOND」:食材を持ち込んで料理をしてゲスト同士が楽しくつながれる場所です。電子レンジ、IHコンロ、ウォーターサーバーなどを完備。

ランドリールーム「WASH&HANG」:長期滞在者にも便利なランドリー(洗濯乾燥機)をご用意しております。

ジム「BURN」:フィットネスマシンが備わっており、仕事の合間や朝の運動としてご利用いただけます。

Cafe & Bar「REFUEL⁺」:朝食からランチ、カフェにディナー&バーまで一日を通してお好きな時に飲食をお楽しみいただけます。宿泊ゲスト以外の方もご利用可能です。
営業時間:7:00~20:00(L.O. 19:30)


[画像2: https://prtimes.jp/i/50125/85/resize/d50125-85-45bf47d7ebc7f4fb779b-0.jpg ]

[画像3: https://prtimes.jp/i/50125/85/resize/d50125-85-d983baae1080aaa8460a-1.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/50125/85/resize/d50125-85-e3dbf0dcbb9559d33cf1-2.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/50125/85/resize/d50125-85-bfaba005498a840cbcd5-3.jpg ]


■銀座や多様性を表現したイラストと機能性を兼ね備えた客室
【客室:全8タイプ 140室】
全140室、8タイプの客室には、自分だけの時間を楽しむ1名用~広めのスペースがありアーティストたちにより特別に創作されたグラフィックデザインは、lyf銀座東京での滞在と銀座をテーマに描かれており、国際色豊かな銀座での滞在をより一層楽しいものにします。
[画像6: https://prtimes.jp/i/50125/85/resize/d50125-85-f8b045cca93c05bd5fd1-4.jpg ]

[画像7: https://prtimes.jp/i/50125/85/resize/d50125-85-7366c135ac77a37d6ef6-5.jpg ]

[画像8: https://prtimes.jp/i/50125/85/resize/d50125-85-a6f688c819017c142490-6.jpg ]


■東京メトロ銀座線のオレンジが象徴的な館内のデザイン
【日本人アーティスト達が手掛けた銀座とlyfらしさが融合したグラフィック】
館内は、東京メトロ銀座線のカラー「オレンジ」を模してデザインされ遊び心を加えています。3組の日本人アーティストがlyfに集まる人たちの多様性を印象的なイラストで表現し、独特なタッチで未来の銀座を表現するなど、銀座とlyfをテーマに描いたグラフィックデザインが外観および館内を装飾しています。

1.姉妹で活動しているSTOMACHACHE.の作品
外観:東京の歴史を感じながらも、国内外から集まる様々な人たちがlyfに立ち寄ることで、気軽に挨拶や話、そして楽しく集まっている様子を描いています。

ソーシャルスペースや客室の天井や壁:銀座の街をイメージできるように実際の銀座が描かれており、空からの視点は、飛行機で訪れた人たちが銀座を目指して降り立つ時をイメージしています。



2.megumi yamazaki氏の作品
エレベーターホール(フロント)や館内:ホテルの玄関口のアイコンとして目を引くグラフィックは、ジャンルやカテゴリー(人種のような価値観)で分けることのできない、自由で個性的な生き物を描いており、lyfのコアとなる多様性を表現しています。それはまるで旅をする人たちそのものであり、lyfに訪れた人たちの仲間のような存在でもあります。



3.Yuji Oda氏の作品
エレベーターホール(各階の客室フロア):未来の銀座でショッピングしているカップルを描いています。建物と自然が共存している未来の銀座は、ショッピングしながら動物とも触れ合える世界でも珍しい観光スポットをイメージしています。

ジム「BURN」のスペース:中銀カプセルホテルの建物構造を利用した動きのあるリズミカルなグラフィックパターンが描かれており、ビルの直線的な線の中に『葉』を模した有機的なラインを描くことで、都会の中でスポーツすることの楽しさ、しなやかさをアピールしています。



■lyf銀座東京とlyf天神福岡、各地の思い出で紡ぐアート作品
[画像9: https://prtimes.jp/i/50125/85/resize/d50125-85-d1894b561a1665d86c81-7.png ]

「lyf銀座東京」が、たくさんの人々が集まる明るい場所となるよう願いを込め、東京を拠点にシャンデリアアーティストとして活躍するキム・ソンへ氏とコラボレーションし、光を放つシャンデリアアートを制作します。ソンへ氏のシャンデリアアートは、さまざまなアイテムを重ねて作りあげる、目にも楽しいユニークな作品が特徴です。この度の開業を記念し、lyf銀座東京およびlyf天神福岡でシャンデリアアートの一部となるアイテムを宿泊ゲストやlyfでつながる人々から募集し、集まったアイテムを活用することで多くの人々の想いが詰まった唯一無二のシャンデリアアート作品を作り上げます。完成したシャンデリアアートは2024年1月中旬より、lyf銀座東京で展示する予定です。

【シャンデリア素材収集の概要】
収集場所:lyf銀座東京、lyf天神福岡
収集期間:2023年11月30日(木)~ 2023年12月14日(木)

■lyf銀座東京オープニング記念キャンペーン
lyf銀座東京の開業を記念して、lyf銀座東京およびlyf天神福岡のインスタグラムフォロー&コメントキャンペーンを開催します。2023年11月30日(木)から2024年1月31日(水)までの期間中に、両ホテルのインスタグラムアカウントをフォロー&コメントしてくれた方の中から抽選でlyf銀座東京またはlyf天神福岡の宿泊券(1泊)を10組計20名様にプレゼントいたします。詳細は該当の投稿よりご確認ください。

キャンペーン投稿:
【lyf銀座東京】@lyf.ginza:
https://www.instagram.com/p/C0QbhzUxm8v/?utm_source=ig_web_copy_link&igshid=MzRlODBiNWFlZA==

「lyf銀座東京」lyf Champion(lyfチャンピオン)の井上 絵梨(いのうえ・えり)は、次の通り述べています。
「東京エリアで初となるlyfブランド『lyf銀座東京』を、国内外からの観光客やビジネスを目的とした人が多く集まる洗礼された東京・銀座エリアに開業することができ嬉しく思います。地域の方や国内外から訪れる様々な人たちが集い、lyfという場所で新しい人と出会い、コミュニティが生まれる瞬間に立ち会えることを楽しみにしています。」

ホテル概要
[表: https://prtimes.jp/data/corp/50125/table/85_1_c1427d0d2755918de6cf17ff486038ec.jpg ]



lyf(ライフ)について
「lyf」は、世界40ヵ国220都市以上で展開する世界をリードするホスピタリティグループ「The Ascott Limited(アスコット)」によるソーシャル&ライフスタイルホテルです。「A New Way to Belong (新しいコミュニティの形)」をコンセプトに、コミュニティとともに過ごす新しいスタイルのステイをご提案します。2021年6月に開業した「lyf天神福岡」に続き、2023年11月にオープンした「lyf銀座東京」は、ニーズに合わせた全140室の客室、lyfを象徴するソーシャルスペース、コワーキングラウンジ「CONNECT」、ソーシャルキッチン「BOND」、ランドリールーム「WASH&HANG」、ジム「BURN」、Cafe &Bar「REFUEL⁺」を兼ね備え、クリエイティブな時間を提供します。
lyfについて:https://www.discoverasr.com/ja/lyf
lyf銀座東京公式インスタグラム:@lyf.ginza https://www.instagram.com/lyf.ginza/
lyf天神福岡公式インスタグラム:@lyf.tenjin https://www.instagram.com/lyf.tenjin/

The Ascott Limited(アスコット)について
アスコットは、アジアパシフィック地域初のインターナショナルクラスのサービスレジデンスとして、1984年にアスコットシンガポールをオープンして以来、世界各地に940以上のプロパティを展開するホスピタリティグループへと成長しました。シンガポールに拠点を置くアスコットは、アジアパシフィック、中央アジア、ヨーロッパ、中東、アフリカ、アメリカの40カ国、220以上の都市に展開しています。


アスコットでは、サービスアパートメントやホテル、コリビングホテルをメインに、その他シニア向けレジデンス、学生向け宿泊施設、賃貸住宅などの幅広い宿泊施設を展開しています。受賞歴のあるホスピタリティブランドとして、アスコット、オークウッド、シタディーン、lyf、サマセット、The Crest Collection(クレストコレクション)、The Unlimited Collection(アンリミテッドコレクション)、プレファレンス、QUEST(クエスト)、FOX(フォックス)、HARRIS(ハリス)、POP!(ポップ)、Vertu(ヴァーチュ)、YELLO(イエロー)を展開し、Domitys(ドミティ)とはブランド提携パートナーシップを結び、様々なニーズにお応えするブランドをご用意しています。アスコットのロイヤリティプログラムであるAscott Star Rewards(ASR)通じ、メンバー限定特典やお得なオファーなどをお楽しみいただくことができます。


また、アスコットは、キャピタランド・インベストメント・リミテッドの完全所有事業であり、垂直統合型のホスピタリティオペレーターです。他オーナー企業との広範なネットワークとマーケットにおける専門知識を活用し、アスコットはホスピタリティマネジメントと投資管理能力を通じて手数料関連収益を成長させています。アスコットはまた、スポンサーであるキャピタランド・アスコット・トラストやプライベートファンドを成長させることにより、運用資金拡大させています。

約40年の業界実績とサステナビリティプログラムの詳細については、www.discoverasr.com/the-ascott-limitedをご参照ください。
Connect with us on SNS!
Facebook:https://www.facebook.com/discoverasr/
Instagram:https://www.instagram.com/discoverasr/
TikTok :https://www.tiktok.com/@discoverasr
LinkedIn.:https://www.linkedin.com/company/27165/admin/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください