ネットマイル社、ネットリサーチサービス「Ciao(チャオ)」正規版開始記念アカデミック・ユーザー対象無料キャンペーン開始学生・研究者限定、先着100名、500サンプル10問のネット調査が無料に

PR TIMES / 2012年11月5日 12時27分

インターネット上の共通ポイントプログラムと大規模ネット調査「ネットマイルリサーチ」を運営する株式会社ネットマイル(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:畑野仁一。以下、ネットマイル社)は、完全セルフ型ネットリサーチサービス「Ciao(チャオ)」の正規版サービス開始を記念し、大学等教育機関の学生ならびに研究者のために「アカデミック・ユーザー対象無料キャンペーン」を本日から実施します。

本キャンペーンでは、先着100名の学生あるいは教職員を含めた研究者に、500サンプル10問のネットリサーチサービス「Ciao」(19,800円相当)を無料で提供します。キャンペーンの詳細と利用申し込みは:https://aspres.netmile.co.jp/aspres/MON3030.do?eid=18320701

Ciaoの最大の特徴は、「完全セルフ型」であることです。初心者でも自分で簡単に設問が作成できるように調査目的ごとのテンプレートが用意されており、それを利用すれば調査に不慣れであっても最適な設問を設定できます。24時間365日対応、回収は最短2時間、都道府県・性別・年代・未既婚の4つの属性から対象を絞り込むことができます。

情報があふれるこの時代、データから何を読み取るか、気付きを得られるかが重要です。大学などの教育機関では、過去のケーススタディではなく、企業と連携して現実社会の課題解決に取り組む授業が増加しています。その中でマーケティングを学ぶ学生にとっては、リサーチは必要不可欠な要素となっています。しかし、通常、リサーチには多額の費用がかかるため、学生や研究者には負担が大きく思うように実施できないという問題があります。ネットマイル社では、本キャンペーンにより次世代を担う学生や研究者を支援していく所存です。

【株式会社ネットマイルについて】(http://biz.netmile.co.jp/
インターネット市場における共通ポイントプログラム「ネットマイル」と、ネットマイル会員を活用した大規模ネットリサーチ「ネットマイルリサーチ」を運営。2001年4月サービス開始。ネットマイルの累計加盟サイト数は1,200サイト、累計登録会員数は約449万人(2012年10月末現在)。共通ポイントサービスとしては日本最大級。2012年6月からはゲーミフィケーション導入ツール「Playground」のサービスも開始。詳細は:http://ply.gd/
また、日経BPサルティングが日本の主要Webサイト500について調査した「Webブランド調査2012-春夏―」(2012年6月27日発売)では第28位。詳しくは、
http://consult.nikkeibp.co.jp/consult/news/2012/0627wb/


社名 株式会社ネットマイル
代表取締役CEO 畑野 仁一
所在地 〒102-0083 東京都千代田区麹町2-4 麹町鶴屋八幡ビル8F
創業年月日 2000年11月7日
事業内容 1:インターネット市場におけるユニバーサルポイントプログラム「ネットマイル」のサービスを運営
2:ネットマイル会員を活用した、大規模ネットリサーチの運営
サービスサイト http://www.netmile.co.jp/
 



【当リリースに関する報道関係者お問合せ先】
株式会社ネットマイル 広報担当:林
TEL:090-1842-4674 Email:press@netmile.co.jp
あるいはネットマイル広報代理
エンカツ社 担当:宇於崎(うおざき)、渡部(わたなべ)
TEL:03-5776-2566  Email:press@enkatsu.jp


企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング