日本選手大活躍!ルービックキューブアジア大会終了 優勝タイム9秒47!

PR TIMES / 2014年11月4日 17時42分

日本初の国際大会「ルービックキューブアジア大会2014」11月1~3日開催

 ルービックキューブのスピードを競う大会「ルービックキューブアジア大会2014」(主催:日本ルービックキューブ協会、後援:株式会社メガハウス)が、 2014年11月1日(土)~3日(月・祝)に千葉県松戸市にて開催されました。



 この大会は、3回目となるアジア大会で日本では初の国際大会となり、13の国と地域、6~82歳の207名*が日頃磨いた技を競いました。参加人数はアジア大会の過去最高人数です。
全18種目の中でも1番のメイン競技である、「ルービックキューブ部門」では、並み居る強豪を抑えて
洲鎌 星(すがま せい)選手(大分県在住・19歳大学生)が9秒47の記録で優勝しました。洲鎌選手は、ルービックキューブ片手部門でも14秒59で優勝他、計7種目で入賞しています。その他、2×2×2部門では女子中学生の富田 唯依(とみた ゆい)選手が優勝する等、日本人選手が大活躍の大会となりました。

■大会結果
<3×3×3 ルービックキューブ部門>             


優勝 洲鎌 星(すがま せい)選手(日本・19歳) 記録9秒47
2位  Seung hyuk Nahm 選手 (韓国・13歳)記録9秒57
3位  郡司光貴(ぐんじ みつき)選手(日本・22歳)記録9秒64

■主な競技の優勝者
2×2×2部門    富田 唯依(とみた ゆい) 選手(日本・12歳) 記録2秒53
4×4×4部門   Seung hyuk Nahm 選手 (韓国・13歳)記録31秒69
5×5×5部門 Seung hyuk Nahm 選手 (韓国・13歳)記録1分08秒74
3×3×3片手部門  洲鎌 星 選手(日本・19歳) 記録14秒59
3×3×3目隠し部門 Kabyanil Talukdar 選手(インド・14歳)記録25秒78
3×3×3足部門 高木 佑平(たかぎ ゆうへい) 選手(日本・20歳)記録32秒93
 その他、全競技の結果はこちらでご確認頂けます。http://cubecomps.com/live.php?cid=677


■3×3×3ルービックキューブ部門他、優勝 洲鎌選手コメント

Q.今のお気持ちは?
「優勝できたのは嬉しいですが、記録で良いタイムが出せなかった事が悔しいです。」
Q.ルービックキューブをいつからどんなきっかけではじめたのですか?
「ルービックキューブをはじめて5年と半年位です。中学生時代にケガをしてあまり体が動かせない時に、
友達の影響ではじめました。」
Q.ルービックキューブの楽しさは?
「考えながら解いていく事が楽しいです。集中できます。」
Q.大会での感想は?
「ルービックキューブを通して海外の選手等、色々な人に会えるのが嬉しいです。」
Q.今後の目標は?
「記録を更新していきたいです。8秒をきりたいです。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング