インスリン治療を50年以上継続している糖尿病患者さんを顕彰する第12回「リリー インスリン50年賞」11名を表彰

PR TIMES / 2014年11月5日 15時46分

~11月14日は「世界糖尿病デー」~



日本イーライリリー株式会社(本社:兵庫県神戸市、社長:パトリック ジョンソン、以下、日本イーライリリー)は、インスリン治療を50年以上継続されている糖尿病患者さんに敬意を表し、顕彰する第12回「リリー インスリン50年賞」の授賞式を行い、本年は男性3名、女性8名の合計11名の方を表彰いたしました。

11月4日に行われた表彰式には、受賞者全11名のうち8名にご参加いただきました。50年以上にわたる道のりを振り返りながら、家族や主治医など周囲の方々からの多大なるサポートへの感謝や他の糖尿病患者さんへの励ましなどを力強くお話されました。受賞者の皆様には、ご本人のお名前を刻印した特製メダル(純銀製)と、世界糖尿病デーのシンボルカラーである青いバラが贈られました。

ご臨席頂いた日本糖尿病学会理事で永寿総合病院糖尿病臨床研究センター長の渥美義仁先生から、「糖尿病治療に携わってきた立場として、今日ここにいらっしゃる患者さんがインスリン治療開始後50年を迎えられたことを心よりうれしく思います」とご挨拶をいただきました。日本糖尿病協会理事で東京女子医科大学糖尿病センターセンター長の内潟安子先生は、「インスリン治療を始めてから50年間糖尿病とともに歩んでこられた方々に深い敬意を表します。皆様の50年の歴史を伺いまして、医療の力というよりも皆様の真摯な努力と、ご家族の支えが大きな力となっていることをあらためて感じ入りました」と述べられました。

日本イーライリリーは、今後も治療薬の提供だけでなく、「リリー インスリン50年賞」や情報提供等の活動を通して、糖尿病と日々戦う患者さんに寄り添い、糖尿病治療におけるベストパートナーを目指してまいります。

*記事全文は弊社ホームページをご参照ください。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング