「読者」が「著者」になりました! OnDeck出版プロジェクトで8名の読者が電子&印刷出版デビュー ― Amazon.co.jpなどで販売を開始 ―

PR TIMES / 2013年2月18日 15時1分



インプレスグループで法人向け情報コミュニケーション技術関連メディア事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)は2月18日、電子出版産業に携わる人向けのEPUBマガジン「OnDeck weekly」の読者8名が参加した出版プロジェクトの成果として、同日よりKindleストア・koboイーブックストアでの電子書籍の販売、およびAmazon.co.jpでのプリントオンデマンド書籍の販売を開始したことを発表しました。


今回販売する8タイトル


■EPUBとPDFを同時に制作可能な「Next Publishing」で実現
今回の出版プロジェクトは、2012年12月にOnDeck読者全員に告知し、15名の応募がありました。その中から、企画内容などを基準に8名を選出。12月末より2013年1月末までの1カ月間で原稿を執筆していただき、2月18日に8タイトル同時に販売を開始しました。
今回は、執筆・編集・制作・流通工程に、インプレスR&Dが独自開発した次世代出版メソッド「Next Publishing」を適応したことで短期間での出版が実現しました。具体的には、著者の皆様にMicrosoft Wordを使って原稿を執筆していただき、そのWordファイルを直接変換することでEPUB3ファイルを生成、同時に印刷用のPDFファイルも生成しています。
一般に広く普及しているMicrosoft Wordからの短期間・低コストでの発行が実現したことで、これまで出版とは無縁だった専門家の方々の出版デビューの道を広げることが出来たと思います。


■今回販売する8タイトルの詳細

●田原藤太奇談
 逸名 著・木手暁 訳
 電子版:500円(希望小売価格)、印刷版:1050円(希望小売価格)
中世には一人の途轍もない英雄がいた。彼の名は、田原藤太秀郷である。凶暴な大蛇を退治し、常世の竜宮で歓待され、はてにはあの平将門を敵に回して立ち振る舞い、恋れんぼした絶世の美女の手引きで影武者を従える将門を一矢で倒してしまう。この伝説な男をめぐる奇想天外、抱腹絶倒のエピソードを綴った室町の物語は、昔の人々の憧れと驚き、空想と信仰、ユーモアとロマンを絶妙に映し出している。この楽しい物語を現代日本語でご堪能ください。底本は国際日本文化研究センター蔵絵巻「田原藤太秀郷」である。


●出版・商業印刷物製作の必要知識
 古殿竜夫 著
 電子版:500円(希望小売価格)、印刷版:1260円(希望小売価格)
オープンなDTP制作環境や印刷通販などの普及によって、今や誰もが出版物や商業印刷物を製作できます。しかし、発注者・印刷業者とのやり取りや、入稿データが引き起こす出力トラブルなど、スムーズな製作を行うにはまだまだ越えるべきハードルがいくつも存在しているのも事実。本書はそのために必要な商業印刷やDTPに関する知識、トラブル対策などにフォーカスした内容で、出版物・商業印刷物製作のお手伝いをします。個人出版を考えている方、企業の広告・印刷物発注担当者、印刷関係者の方々などに必携の一冊です。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング