●新発売●ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-S10」色調豊かで滑らかな4K映像で本格的な動画撮影が可能

PR TIMES / 2020年10月16日 9時15分

小型軽量ボディに新開発の手ブレ補正機能と最短約0.02秒の高速・高精度AFを搭載優れた操作性を備え独自の色再現による高画質な写真撮影を快適に楽しめる



 富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、独自の色再現技術による卓越した画質と小型軽量を実現する「Xシリーズ」の最新モデルとして、ミラーレスデジタルカメラ「FUJIFILM X-S10」(以下、「X-S10」)を2020年11月19日より発売します。「X-S10」は、小型軽量ボディに、新開発の5軸・最大6.0段※1手ブレ補正機能や最短約0.02秒の高速・高精度AFを搭載するとともに、ホールド性に優れる大型グリップや高性能な「オート撮影機能」を採用。「Xシリーズ」の本格的な撮影機能を備えつつ、より快適に高画質な写真撮影を可能とするミラーレスデジタルカメラです。
 当社は、「X-S10」を通じて、「Xシリーズ」のユーザー層をさらに広げ、より多くの方に同シリーズで撮影する楽しみを提供していきます。
[画像1: https://prtimes.jp/i/13110/86/resize/d13110-86-741236-0.jpg ]

[画像2: https://prtimes.jp/i/13110/86/resize/d13110-86-799795-1.jpg ]


「X-S10」

 今回発売する「X-S10」は、465g※2の小型軽量ボディに、5軸・最大6.0段の手ブレ補正機能を備えるミラーレスデジタルカメラです。「Xシリーズ」のフラッグシップモデル「FUJIFILM X-T4」(以下、「X-T4」)で採用されている、裏面照射型2610万画素「X-Trans™ CMOS 4」※3センサーと高速画像処理エンジン「X-Processor 4」を搭載し、最短約0.02秒の高速・高精度AFが可能。ホールド性に優れた大型グリップや、「バリアングル構造」を採用した背面の液晶モニターなどにより優れた操作性を実現しており、快適に撮影をお楽しみいただけます。また、撮影シーンに応じて最適な設定を自動で選択する「AUTO/SP(シーンポジション)」モードをさらに進化させているため、美しい写真を簡単に撮影できます。このほか、色調豊かで滑らかな4K/30P動画やフルHD/240Pのハイスピード動画を撮影できるなど、高い動画撮影性能も備えています。
 当社は今後も、APS-Cサイズセンサー搭載の「Xシリーズ」と、本日発表の「フジノンレンズ XF10-24mmF4 R OIS WR」を加えた豊富なレンズラインアップで、写真の素晴らしさや写真を撮る悦びを提供していきます。

※1 すでに発売している「Xシリーズ」用交換レンズ(XF/XCレンズ)のうち、20機種で6.0段を実現。
※2 付属バッテリー、メモリーカードを含む。
※3 X-Transは、富士フイルムの商標または登録商標。



1. 製品名、カラーバリエーション、発売日、価格

[画像3: https://prtimes.jp/i/13110/86/resize/d13110-86-117111-4.png ]



2.製品の主な特長
(1) 小型軽量ボディに新開発の手ブレ補正機能と高速・高精度AF機能を搭載
・新開発のボディ内手ブレ補正機能を搭載。手ブレ補正ユニットの基板を新たに設計するとともに、部品を最適に配置することで、「X-T4」に搭載している同ユニットと比べ約30%の小型軽量化※4を実現しました。また、シャッター時の微振動を効果的に抑制する衝撃吸収機構や、微細な振動を検知するセンサーなどにより、5軸・最大6.0段の防振性能を発揮。幅広いシーンで高精細な写真を撮影できます。
・465gの小型軽量ボディに、像面位相差画素を全面に配置した裏面照射2610万画素「X-Trans™ CMOS 4」センサーと高速画像処理エンジン「X-Processor 4」を搭載。最短約0.02秒の高速・高精度AFを実現し、高い機動力を発揮します。
・高性能な動体追従AFを搭載しており、カメラに向かってくる被写体のみならず、カメラから離れていく被写体も正確に捉え続けます。また、優れた顔・瞳AF機能により、快適なポートレート撮影を可能にします。
・暗闇に近い-7.0 EV※5の低照度環境下でも高速・高精度なAFを実現。夜景撮影など光量の少ない場合でも、被写体を正確に捉えることができます。
・メカニカルシャッター設定時では、8コマ/秒の高速連写が可能。また電子シャッター設定時では、30コマ/秒のブラックアウトフリー高速連写※6を実現するため、決定的瞬間を逃しません。

※4 体積および質量での比較。
※5 「フジノンレンズ XF50mmF1.0 R WR」装着時に低照度-7EV限界を実現。
※6 撮影後にファインダーが暗転することで被写体が見えなくなるブラックアウトが発生しない高速連写。

(2) 優れた操作性により快適な撮影を実現

[画像4: https://prtimes.jp/i/13110/86/resize/d13110-86-355160-3.png ]

・軽量で高剛性のマグネシウム製グリップを搭載し、高いホールド性を実現。大型の望遠ズームレンズなどを用いて撮影する際の負担を軽減し、快適に撮影できます。
・ボディ天面のモードダイアルにC1~C4のカスタムポジションを配置。各ポジションに画質・フォーカス・撮影の設定を登録することができ、お好みの設定を素早く呼び出して、スムーズに撮影を行えます。
・モニターを自在なアングルに調整できる「バリアングル構造」を採用。「自分撮り」時に映像を確認できるため、意図通りの撮影を簡単に行えます。
・ファインダーのライブビュー設定は、3つのブーストモードから選択可能。撮影シーンや被写体に応じて、暗所でも被写体を正確に捉える「低照度優先」モード、被写体の細部まで映し出す「解像度優先」モード、被写体の動きをなめらかに表示する「フレームレート優先」モードを設定できます※7。

※7 背面液晶モニターのライブビュー設定は、「低照度優先」モードと「解像度優先」モードから選択可能。

(3) 多彩な色調を表現するフィルムシミュレーションにより卓越した画質を実現
・高彩度な発色とメリハリある階調表現が特徴的な「Velvia」や、低彩度・高コントラストで重厚感のある表現を可能とする「ETERNAブリーチバイパス」など全18種類の「フィルムシミュレーション」を搭載。「フィルムシミュレーション」の特長や最適な利用シーン等を詳細に記載した解説ページを新しく加えており、当社デジタルカメラを初めて利用するユーザーにも独自の色再現を気軽にお楽しみいただけます。
・撮影シーンに応じて最適な設定を自動で選択する「AUTO/SP」モードのアルゴリズムを刷新しました。「カラークローム・エフェクト(ブルー)」、「明瞭度」、「ダイナミックレンジ優先」などを自動で適用することができ、より鮮やかな風景写真や、被写体を際立たせた美しいポートレート写真を撮影可能。逆光のシーンでも、白飛びや黒つぶれの少ない高画質な写真を撮影できます。

(4) 充実の動画撮影機能を搭載
・6K相当の豊富なデータ量から4K映像を生成することで、ノイズの少ない高精細な映像を実現します。4K/30P 4:2:0 8bitでのカメラ内SDカード記録が可能。HDMI出力では、より多くの色情報を記録できる4K/30P 4:2:2 10bitに対応します。
・フルHD/240Pのハイスピード動画撮影が可能。素早く動く被写体の一瞬のアクションも、最大10倍のスローモーション映像で再生することが可能です。
・ボディ内手ブレ補正機能に加え、動画撮影時に使用できる電子式手ブレ補正を搭載。手ブレに合わせてフレーミングを微調整することで、手持撮影時に生じるブレを徹底的に抑制します。
・ボディ天面に配置した「動画撮影ボタン」を押すことで、瞬時に動画撮影を開始することができます。写真撮影中に「動画撮影ボタン」により撮影を開始した場合は、自動で最適な撮影設定を適用します。


本件に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。

【お客さま】
富士フイルムデジタルカメラサポートセンター TEL:0570-04-1060
富士フイルム ウェブサイト デジタルカメラ       https://fujifilm-x.com/
「Xシリーズ」公式Facebookページ           http://www.facebook.com/FUJIFILMXseriesJapan

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング