管理職は、雑談を有効活用 コミュニケーションに、より積極的 管理職とコミュニケーションの相関関係が浮き彫りに

PR TIMES / 2013年11月14日 18時17分

―職場のコミュニケーションについての調査―

株式会社 USEN(東京都港区、代表取締役社長CEO:中村史朗、以下USEN)は展開している法人向け音楽放送サービス『Sound Design for OFFICE(SDO)』の役割を認識するため、20代~50代のオフィスワーカー男女計335人に、職場環境におけるコミュニケーションについて、アンケート調査を実施致しました。




その結果、回答した管理職の5人に1人が「雑談したい時は、遠慮せずに雑談している」と回答していた一方で派遣・契約社員の10人に1人が「雑談したくても仕事中は我慢している」と回答しました。管理職のほうが、コミュニケーション上、雑談を有効活用していることが明らかになりました。

【結果概要】

■ 仕事中に雑談するか聞いたところ、約5人に1人(18.2%)が「雑談したい時は、遠慮せずに、雑談している」と回答。管理職では「遠慮せず雑談している」と「自分や周りが忙しくない時だけに雑談している」を合わせると70.2%となり、一般社員や派遣社員と比べ、高い割合で、仕事中に雑談をしていることが分かりました。(参照:Q1の図)

■ 雑談に消極的と回答した人の理由としては、「まわりの人に迷惑だから(35.9%)」が一番多く、次いで「周りに雑談したい人がいないから(31.3%)」となりました(参照:Q2の図)

■ 仕事の報告や相談は、大半の人(84.8%)が主に口頭で行い、14.3%が主にメールで行っていました。(参照:Q3の図)

■ 仕事の報告や相談を主にメールで行う人の理由は、「報告のタイミングが合わないから(68.8%)」が最も多く、次いで「メールの方が上手く伝えられるから(25.0%)」となりました。(参照:Q4の図)

■ 仕事の報告や相談を口頭で伝えないことにより、発生しそうな弊害については、「仕事が遅れがちになる(56.7%)」、「ミスリーディングのまま仕事が進んでしまう(44.5%)」という回答が多く業務へのマイナス影響が出てしまうことを心配する回答が上位を占めました。(参照:Q5の図)

■ 出社時、及び退社時の挨拶に関しては、「積極的に自ら」挨拶をしているとの回答が全体の46.9%(出社時)、45.7%(退社時)を占めました。また、特に管理職に関しては、「積極的に自ら」挨拶をしているとの回答は55.4%(出社時)、56.8%(退社時)となり、管理職からより多く積極的にコミュニケーションを取っていることが分かりました。(参照:Q6図、Q7図)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング