玉井式 9歳までに国語と算数の力を同時に伸ばす本

PR TIMES / 2013年4月23日 11時30分

株式会社中経出版(東京都千代田区)は、2013年4月24日に新刊『玉井式 9歳までに国語と算数の力を同時に伸ばす本』を刊行します。

必要なのは、状況をイメージする力!



――計算問題の反復練習で算数の力が伸びると本気で思っていますか?
――辞書をひきながら難しい文章を読むことで国語の力が伸びると本気で思っていますか?
――間違った指導法で子どものやる気を奪っていませんか?

9歳までの子どもたちには、彼らに適した指導法が必要なんです!
「玉井式」の答えはズバリ、“イメージング力”!!
決まった計算を繰り返してスピードを求めても、図形問題や文章問題は解けません。
言葉の意味を実感せずに長文を理解できるはずがありません。
文章から状況をイメージできなければ、国語も算数も解けるようにならないんです。

状況をイメージする力=“イメージング力”を伸ばせば、国語・算数だけでなく、すべての科目の成績が上がります。
難関中学の入試問題だって、小学6年生が読める日本語で書かれているのですから、まずは正確に文章を理解するところから。
高学年になって、あわてて受験勉強をやらされても急に学力は伸びませんよ。
それまでに、イメージをつけておくことが大事なんです。
家庭のお手伝いにだって、入試問題を解くためのヒントが隠されています。
お父さんお母さんと一緒に、楽しくイメージをふくらませてきちんと基礎をかためておけば、壁にぶつかっても成長できる力を持った子どもに育ちます。
そして、大人になって“自立”する子に育つでしょう。

そんなイメージング力の伸ばし方を、1冊にまとめたのが本書です。
指導法だけでなく、子育てや親子のコミュニケーションに通じる内容もたくさん書かれているので、単純に子育て本として読んでいただいても結構です。

全国の大手学習塾だけでなく、海外からも大注目を浴びている「玉井式」のメソッドがこの1冊に!
「勉強にやる気を出してくれない」「ちょっと長い文章だと集中力が切れて読めない」「計算はできるのに文章題や図形問題が解けない」というお子さんをお持ちの保護者は必読です。


もくじ


序 章 玉井式国語的算数教室について
第1章 子どもの国語力を伸ばす方法
第2章 算数力とイメージング力
第3章 子どものやる気を引き出すコツ ~状況別お悩み解決法~
第4章 玉井式で算数力の土台を固める
第5章 親の心と子どもの心を国語力でつなげる
終 章 自立した子どもにするために親ができること

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング