日本トイザらス、「自転車交通安全講習会」を開催

PR TIMES / 2014年4月11日 12時3分

警察署の協力により全国30店舗でお子様向け無料講習会を実施

玩具とベビー用品の国内最大級の総合専門店である日本トイザらス株式会社(本社:神奈川県川崎市、以下:日本トイザらス)は、お子様の自転車の安全利用推進を目的として、2014年4月12日(土)から5月中旬の週末において、「自転車交通安全講習会」を開催いたします。「自転車交通安全講習会」は、警察署の協力により、お子様やご家族に向けて、全国30店舗のトイザらスで実施され、ご参加いただいたお子様は、交通ルールや交通マナー、正しい自転車の乗り方などを学んでいただけます。



「子供の交通人身事故発生状況~平成25年中~」(警視庁発表)によると、平成25年に起きたお子様(幼児、小学生、中学生)の交通事故の発生状況を調査したところ、自転車乗用中の事故が全体の60.0%を占めており、また、お子様の自転車事故の半数以上に、安全不確認や一時不停止などの自転車運転におけるルール違反があることがわかりました。日本トイザらスでは、このような状況を踏まえ、より多くのお子様やご家族の皆様に、自転車事故に関する注意喚起や潜在的危険性をご理解いただくため、2012年、2013年に続き、今年も「自転車交通安全講習会」を開催いたします。

また、全国のトイザらス店舗では、専門知識を持ったスタッフが、自転車の安全に関するご質問にお答えし、自転車やキックスケート、乗用玩具、ヘルメット、プロテクターなどの豊富な品揃えの中から、お子様の年齢や用途にあった最適な商品選びをサポートいたします。今後も、スタッフのトレーニングを強化するとともに、イベントを通じた自転車の安全啓蒙活動に継続的に取り組んでまいります。「自転車交通安全講習会」の開催店舗およびスケジュールは、別添のプレスリリースにてご確認いただけます。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング