新発売 三國志11をさらに楽しめる「三國志11 パワーアップキット」

PR TIMES / 2013年11月20日 11時59分



 ソースネクスト株式会社(本社:東京都港区虎ノ門3-8-21 虎ノ門33森ビル6F 代表取締役社長:松田 憲幸)は、株式会社コーエーテクモゲームス(本社:神奈川県横浜市港北区箕輪町1-18-12 代表取締役社長:襟川 陽一)が開発した人気歴史シミュレーションゲーム「三國志11」の追加シナリオなどが楽しめる「三國志11 パワーアップキット」を2013年11月22日(金)に1,980円(税込)で発売します。

特長
・シナリオ6本、イベント30本を新たに追加
・名シーンを再現した決戦制覇モード
・10種類の新施設と吸収合併システムを追加
・武将を育成できる、能力研究システムを追加

【 「三國志11 パワーアップキット」の特長 】
●追加シナリオ6本+追加イベント30本
 「呂布討伐戦」や「漢中争奪戦」といった、三国志のターニングポイントとなった時代が目白押し。名場面がよみがえるイベントもさらに30種類を追加。こころゆくまで三国志の世界を満喫できます。

●あの名シーンを再現した「決戦制覇モード」
 制限時間内に、設定された条件のクリアを目指す短期決戦モード。「赤壁の戦い」「夷陵の戦い」など、三国志の名勝負が20本楽しめます。「三國志11」のすべての要素を使い、多彩な戦術を駆使してすべての合戦を制覇できれば、「三國志11」の戦いを極めたと言えるでしょう。

●10種類の新施設と「吸収合併システム」で、内政がさらに充実
 隣接する施設を吸収合併することで、施設のレベルが上がります。レベルがあがると、収入や生産量がアップし、都市の内政がさらに発展します。「符節台」「闇市場」「計略府」など新施設も10種追加され、戦略の幅がさらに広がります。

●配下武将を育成できる「能力研究システム」
 戦力単位で武将の能力を研究し、配下武将に授けて育成することができるシステム。研究できる能力は50種類以上あり、武力、知力、特技などが強化され、研究を進めるほどに高度な能力を得られます。スペシャリストを養成し、適材適所に配置すれば、やがて強大な勢力に打ち勝つことも現実になるでしょう。

●「武将」「拠点」「勢力」「部隊」を編集可能、他にもさらなるパワーアップ
 武将の能力や都市のデータ・特色を変更できるなど、充実のエディット機能を搭載。その他にも「上級」では物足りなくなってしまった方におすすめしたい「超級」が追加されるなど、数多くのパワーアップ機能が搭載されています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング