『帰ってきたウルトラマン』を「ビデックスJP」で配信開始!

PR TIMES / 2015年9月4日 15時20分

株式会社ビデックス(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長:柳下洋 以下 ビデックス)が運営する動画配信サービス「ビデックスJP」では、2015年9月4日より『帰ってきたウルトラマン』(1971)の配信を開始いたします。



本作は、初代ウルトラマンの作風とは異なり、それまであまり触れられることのなかった主人公の私生活や葛藤までが描かれ、人間ドラマの色合いも濃く、新たなシリーズの幕開けとなった作品です。また、今作より取り入れられた「ウルトラ兄弟」の設定は、その世界観に大きな広がりを持たせ、後のシリーズに多大な影響を与えました。
[画像1: http://prtimes.jp/i/1162/88/resize/d1162-88-361244-1.jpg ]
■あらすじ
怪獣から子供と子犬を助けようとして命を落とした青年・郷秀樹。その勇気に感動したウルトラマンは彼と一体化し、共に戦うことを誓う。怪獣特別攻撃隊・MATに入隊した郷秀樹は仲間と協力しあい、時には衝突しながらも成長していく。
[画像2: http://prtimes.jp/i/1162/88/resize/d1162-88-760611-2.jpg ]

■「ビデックスJP」のサイトはこちら :
http://www.videx.jp/

■ウルトラマン特集ページ:
http://www.videx.jp/anime/sp/ultraman/index.htm

■『帰ってきたウルトラマン』作品販売ページはこちら:
※2015年9月4日をはじめとし、9月中の毎週金曜・朝10時に、話数を随時追加。
http://www.videx.jp/detail/anime/v_a_tsuburayaproduction/atyp0009_0000/index.htm


【株式会社ビデックスについて】
ビデックスは2004年2月に会社を設立以来、映像の視聴者だけでなく映像の作り手の協力を得て、優れた映像が活発に流通する社会の実現を目指しています。そのための1.映像に特化したコンテンツ配信ネットワーク(Contents Delivery Network)技術、2.ユーザビリティを実現するアプリケーション開発技術、3.埋もれた映像資産を掘り起こすための映像ストアクラウドサービス技術を構築し、日々これらの技術をブラッシュアップしています。また、自社サービス「ビデックスJP」を運営しており、人気アニメやドキュメンタリー、洋画、邦画など常時3万本の作品を提供しています。



企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング