2012-2013年 年末年始の旅行動向調査

PR TIMES / 2013年1月31日 17時4分

年末年始の過ごし方は例年と違う傾向。20代が積極的に旅へ。予約は前倒し傾向に。



 フォートラベル株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役社長 井上英樹、以下:フォートラベル)は、運営する「旅行のクチコミサイト フォートラベル(http://4travel.jp/)」にて、会員を対象に「2012-2013年 年末年始の旅行動向調査」を実施いたしました。調査結果を以下にご報告いたします。


【1】調査結果概要(基本データのご報告)
【2】調査結果解説/執筆:弊社アドバイザー、旅行ジャーナリスト 村田和子
   1. 年末年始の過ごし方は例年と違う傾向。長期休暇が後押しか。
   2. 20代が旅に出た!海外旅行は年代別でトップ、帰省・日帰りを含め約6割が旅へ。
   3. 予約は前倒し傾向に。海外旅行実施者の17.6%が半年前に予約。
【3】調査実施概要(回答者プロフィール等)
【4】フォートラベル株式会社について
【5】データ利用について


【1】  調査結果概要(基本データのご報告)


【年末年始の休暇取得状況概要】
年末年始の連続休暇日数は平均8.0日で、昨年(6.8日)より1.2日増加した。休暇日数の分布をみると、昨年が「6日」を頂点とした山型の分布に対して、今年は「9日」がもっとも多く31.6%、続いて「6日」が24.2%で、このふたつを頂点とするM字型の分布となった(グラフ1参照)。更に昨年と比較し「「9日」が28.0ポイント増、「10日」は5.6ポイント増、「15日以上」は1.6ポイント増と、全般的に休暇の長期化がみてとれた。

【年末年始の過ごし方概要】
年末年始の過ごし方は「自宅中心で過ごした」人がもっとも多く36.8%。続いて「海外旅行」(20.9%)、「帰省」(18.5%)、「国内旅行」(14.8%)、「日帰り」(5.1%)となった。昨年と比較すると、「自宅中心で過ごした」人は5.0ポイント減(昨年:41.8%)。旅行をした人(「日帰り旅行」や「帰省」を含む)は59.3%となり、昨年(53.5%)より5.8ポイント増え、特に「帰省」は4.4ポイント増加している。

【海外旅行概要】
海外旅行の旅行期間の平均は7.2日で、昨年より0.1日減少。旅行費用の平均は21.5万円で、昨年(18.6万円)より2.9万円増加した。旅行先は「アジア」が人気で55.1%、続いて「ヨーロッパ」(22.2%)、「オセアニア・ミクロネシア」(8.7%)となった。昨年と比較すると、「アジア」は6.9ポイント減。「ヨーロッパ」(2.9ポイント増)、「オセアニア・ミクロネシア」(1.7ポイント増)、「アフリカ」(4.1ポイント増)と、他の地域は増加する結果となった。人気の旅行先を国別にみると、「台湾」、「タイ」、「グアム」の順となり、昨年もっとも人気の高かった「韓国」が4位と順位を落とした。旅行の出発日のピークは「12月29日」で21.0%。帰着日は「1月3日」(15.3%)がもっとも多かった。出発日は「12月29日」を頂点とした山型の分布となったが、帰着日については年明け以降分散する傾向がみられた。(グラフ2参照)

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング