スマートフォン向けオーディオブックアプリ『kikel.jp』登場!

PR TIMES / 2012年7月19日 14時34分



~耳で聴いて楽しめる新しいカタチの読書~
スマートフォン向けオーディオブックアプリ『kikel.jp』登場!


(株)エムティーアイは、7月19日(木)より、Androidスマートフォン向けオーディオブックアプリ『kikel.jp(キケルドットジェイピー)』を開始します。当アプリは“本を朗読してくれる”というスマートフォンならではの新しいサービスで、月額315円で配信作品がすべて聴き放題です。
作品は、小説・絵本・落語など幅広い世代が楽しめる様々なジャンルを揃え、本を読むのに適さない暗い場所や就寝前のちょっとした時間に、また子供への読み聞かせなどにも手軽に利用できます。また、読み手にはすべての作品において、アナウンサーや有名声優など、声に定評があるプロを起用しています。
活字離れの世代にも、聴く読書という新しい形で楽しんでもらえるサービスで、今後は、語学学習教材なども配信し、目で読むだけではない、新たな読書生活を提案していきます。

~電子書籍調査 : スマホユーザーは本の朗読サービスに興味がある?~

◆耳で聴く新たな形の読書に半数の人が興味あり!
電子書籍は重さを気にせず、いつでもどこでも好きな本が何冊も読めることで人気です。電子書籍を読む端末としてスマートフォンを利用している人も多く、その要望もますます多様になってきています。
当社が、“電子書籍で利用したい機能”の調査を行ったところ、3割の人が「音声読み上げ機能を利用してみたい」と回答しました。
中でも60代の女性は約半数が「利用してみたい」と答えており、読むだけでなく“本を聴く”という新しいサービスに関心が高いことがわかります。

◆オーディオブックでは、読み手の声を最も重視!
オーディオブックを選ぶ上で重視する点はなにか…という問いに対しては、「読み手の声を重視する人」が半数を超え、オーディオブックを利用する上で、声が重要な要素であることがわかりました。また、朗読者のどんな声に魅力を感じて利用したいと思うか…については、「アナウンサーや声優などの声のプロ」を望む人が多く、“心地の良い声で読み聴かせてもらいたい”というニーズがあることもわかりました。(いずれも複数回答)

※調査概要
Q1.  ・調査対象:書籍に興味のある20代~60代の男女960名  ・調査時期:2012年6月  ・調査方法:インターネット調査
Q2.Q3. ・スマートフォンを利用している男女866名(年齢問わず)  ・調査時期:2012年2月  ・調査方法:インターネット調査

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング