日本の技術をコアとしたビジネスモデルについて-LIXILの取り組み

PR TIMES / 2014年12月1日 20時33分

イノベーションワークショップ2014「グローバル競争を勝ち抜く企業経営~変革への挑戦」第3回開催

フューチャー イノベーション フォーラム(略称=FIF、代表=牛尾治朗・ウシオ電機株式会社会長、金丸恭文・フューチャーアーキテクト株式会社会長兼社長)は、11月12日にイノベーションワークショップ2014の第3回を開催しました。
本ワークショップは次世代リーダーの育成と業界を超えた企業同士の交流を深める場として2007年にスタートしました。本年は、「グローバル競争を勝ち抜く企業経営」をテーマに全4回をつうじ、グローバル企業のビジネスモデルや人材、ITの活用事例などを学び、議論を重ねています。
第3回は「日本の技術をコアとしたビジネスモデルの可能性について」と題し、LIXIL総合研究所が取り組むケニアでの次世代エコサニテーション事業とICTを活用したスマートハウスの実証実験についてご紹介いただきました。



【開催概要】
 講演者:株式会社LIXIL 常務執行役員 総合研究所長 小田方平
 テーマ:日本の技術をコアとしたビジネスモデルの可能性について-LIXILの取り組み
 コーディネーター:明治大学 経営学部 教授 大石芳裕
 日 時:2014年11月12日(水) 18:00 ~ 20:50
 会 場:フューチャーアーキテクト株式会社(東京都品川区)

【講演概要】
「世界で最も難しい住生活に関わる課題を解決する」というミッションのもと、LIXIL総合研究所はグローバルインフラや情報化社会における新しい住宅の研究を行っている。ケニアではリバースイノベーションを見据え、都市における超節水型トイレや郊外での無水無電源型トイレの実証実験を行っている。また国内でも様々な企業とともにセンサーやICT技術を活用したスマートハウスの実証実験を行っており、日本の技術をコアにしたビジネスモデルの構築に向けて尽力している。

◆LIXIL総合研究所のミッション
2011年4月に住宅建材・設備メーカー5社が統合し、住まいと暮らしの総合住生活企業としてLIXILグループは誕生した。数多くのカテゴリでトップシェアを獲得しているが、現在は海外売上高を上げるべくグローバル企業への変革を目指し、海外展開を加速している。
LIXIL総合研究所は、豊かで快適な世界の実現に向け「世界で最も難しい住生活に関わる課題を解決する」ことをミッションに、水不足やエネルギー問題、超高齢化や人口爆発など世界中に山積する社会問題や環境変化を新たな事業機会ととらえ、「ゼロエネ建築」、「高齢化」、「資源」、「グローバルインフラ」、「情報化社会」という5つのテーマを中心に研究を進めている。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング