ザイリンクス、“Softly” Defined Networksを可能にするプログラマブル ハードウェアベースでのネットワーク構築環境を提供

PR TIMES / 2014年5月15日 12時4分

SDNetとAll Programmable FPGA / SoCを組み合わせ、プログラマビリティをコントロール プレーンからデータ プレーンまで拡大

ザイリンクス社 (本社 : 米国カリフォルニア州サンノゼ、NASDQ : XLNX) は 3 月31 日 (米国時間)、Interop ラスベガスにおいて、業界で初めて “Softly”Defined Networksを実現するソリューションを発表した。これによりネットワークシステムのプログラマビリティとインテリジェンスを、コントロール プレーンからデータ プレーンまで拡大することが可能になる。プログラマブルなデータ プレーン機能は、SDNet (Software Defined Specification Environment for Networking)によって実現される。SDNetは、ソフトウェアで定義された仕様や機能をザイリンクスの All Programmable FPGA / SoC へと自動的にコンパイルすることが出来る。

従来の SDN (Software Defined Network) アーキテクチャはデータ プレーンを処理するハードウェアが固定されており、コントロール プレーンへのサウスバウンドAPI コネクションも限られている。それに対して Softly Defined Networks はプログラマブルなハードウェアベースでのデータ プレーンを基盤としており、コンテンツにインテリジェントに対応できるだけでなく、コントロール プレーンへのサウスバウンド API コネクションも豊富である。これによって、以下のような画期的な能力をいくつも実現できるようになる。

●プロトコルの複雑さに関係なく、ワイヤー スピード サービスをサポート
●フローを識別できる柔軟なサービスの提供
●100% のライン レートで動作中にヒットレスでの (中断することなく) 切り替えが可能

これらの他社にはない独自の能力によって、通信事業者や MSO (複数CATVサービス統括事業者) は、既存サービスを一切停止することなく、またハードウェアの再検証やトラック ロール (機器取付出張サービス) の必要なしに、他社にはない差別化されたサービスをダイナミックに提供できるようになる。このため、設備投資費やオペレーションコスト、市場投入に要する期間をこれまでにない規模で削減することができ、収益を大幅に拡大するチャンスがもたらされる。ネットワーク機器プロバイダーもまた、多機能で柔軟な Softly Defined Networks から同様のメリットを引き出すことができる。コンテンツを識別できるデータ プレーン ハードウェアを配備しそれを SDNet 環境によってプログラムできるため、広範な差別化が可能になるからである。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング