1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

Kaizen Platform、「デジタルの日」に賛同し、”人に優しいデジタル社会”の実現に向け取り組みを強化

PR TIMES / 2021年10月11日 10時15分

Webサイトのアクセシビリティ向上の推進と着実なDX化への足掛かりを支援する「スモールDX応援キャンペーン」実施

株式会社Kaizen Platform(本社:東京都港区、代表取締役:須藤 憲司、以下「Kaizen Platform」)は、デジタル庁が2021年に初めて創設した「デジタルの日」に賛同し、”人に優しいデジタル社会”の実現に向けて、自社のアクセシビリティ向上を進めると共に、社会への啓蒙や支援を推進してまいります。また、合わせてDXに取り組む企業にとって足掛かりとなる支援を目的に「スモールDX応援キャンペーン」を実施します。



[画像: https://prtimes.jp/i/11259/88/resize/d11259-88-795b180dd714a319a3c5-0.png ]




DXの実現に向けて「デジタルの日」へ賛同



「デジタルの日」は、政府と民間が共同で、定期的にデジタルについて振り返り、体験し、見直し、共有し合う機会として、デジタル庁により2021年に創設されました。「誰一人取り残さない、人に優しいデジタル化」というミッションに象徴されるように、DXを一部の先進企業の取組みとして扱うのではなく、社会問題として”すべての人々の生活を快適にするデジタルトランスフォーメーション” がより一層注目され、日本のデジタル推進のあり方は、新たな局面を迎えると考えています。


Kaizen Platformは、2013年の創業以来、動画やデジタルを活用した顧客体験の改善により、これまで900社を超える企業のDXをサポートしてまいりました。しかし、様々な課題を抱える企業をサポートする中、まだまだDXは難しいことと捉えられていることが多く、思ったように推進されていないことに課題を感じることも少なくありません。これらの解決に向け、Kaizen Platformは「デジタルの日」に賛同し、”人に優しいデジタル社会”の実現に向け重要なテーマとなるアクセシビリティ向上を推進すると共に、決して大きな取り組みではなくても、あらゆる企業で着実にDXに向けた歩みが進むようなスモールDXを支援するキャンペーンを実施します。




”人に優しいデジタル社会”の実現に向けてアクセシビリティ向上を推進



アクセシビリティへの対応は、障害者差別解消法が2021年に改正されたことにより、民間事業者も公共機関と同等に対応することが義務化されるなど、より一層注目が集まっています。また、「デジタルの日」が目指す「誰一人取り残さない、人に優しいデジタル化」の実現や、Kaizen Platformがミッションとして掲げる「KAIZEN the World - 21世紀のなめらかな働き方で世界をカイゼンする - 」の実現に向けても重要なテーマだと考えております。

そのために、Kaizen Platformは、あらゆる人にとって”なめらかな社会”の実現に向けて、アクセシビリティに関して豊富なノウハウを持つグループ会社のディーゼロとともに、自社Webサイトや各種サービスのアクセシビリティ向上を推進するだけでなく、アクセシビリティ相談窓口の設置やアクセシビリティに関する様々な支援の強化など、社会への啓蒙活動を推進してまいります。

<ディーゼロ社によるこれまでのアクセシビリティに関する取り組み>

◯アクセシビリティテスト&レビュー及びアドバイザリー業務(一部事例)

・株式会社ヌーラボ プロジェクト管理ツール「Backlog」: https://backlog.com/
・ヴェルク株式会社 クラウド型業務・経営管理システム「board」: https://the-board.jp/

◯アクセシビリティを意識したWebサイトの改善・構築実績(一部事例)

・長崎県 長崎移住ナビ: https://nagasaki-iju.jp/

◯アクセシビリティに関するイベント等への取り組み・参加

・2021年05月21日 GAAD(Global Accessibility Awareness Day)Japan 2021
・2020年12月23日 Accessibility Step Vol.07
・2019年11月16日 Frontend Conference Fukuoka 2019
・2019年09月25日 UX JAM in FUKUOKA 01
・2019年08月24日 SaCSS Special23 : Accessibility(SaCSS vol.105)




DXに向けた足掛かりとなる「スモールDX応援キャンペーン」を実施



非対面・非接触が推奨されあらゆる顧客接点のデジタル化が進む中、それらの変化に適応し、最適な顧客体験の提供を目指し、動画による「スモールDX」を支援するキャンペーンを実施します。大きな取り組みでなくとも、中小企業や1つのチーム・部署からでも着実に成果を上げるDXの実現をサポートするべく、動画活用の中でもニーズの高い3つのプランを提供いたします。

<キャンペーンプランについて>

◯営業プレゼンの動画化
営業プレゼンの資料と撮影データをお渡しいただくだけで24時間365日稼働するTOP営業マンの動画化が可能。得意不得意やスキルの平準化により、効果的な営業活動を支援します。
価格:750,000円(3本制作/1本60秒まで)
事例動画: https://youtu.be/WkhxYw6eMYw

◯営業資料の動画化
営業資料をお渡しいただくだけで、オンライン・オフラインあらゆるシーンで活用できる動画を制作。特にオンライン商談等で難しくなる商材説明などを効率化し、顧客ニーズのヒアリングを中心とした活動が可能になるなど、特にリモート環境での営業活動を最適化します。
価格:1,000,000円(5本制作/1本60秒まで)
事例動画: https://youtu.be/bj2S13-pncE

◯広告動画の制作
動画素材を持っていなくても、HPやバナー、パンフレット、サービス資料など、既存の素材を活用し、目的やターゲットに合わせた最適な動画広告クリエイティブを制作します。
価格:1,000,000円(5本制作/1本30秒まで)
事例動画: https://youtu.be/R8A5XuEU9lw

<キャンペーンに関するお問い合わせ先>
https://kaizenplatform.com/contact.html


■ 株式会社Kaizen Platformについて
会社名  : 株式会社Kaizen Platform
設立   : 2017年4月 (2013年8月創業の米国法人Kaizen Platform,Inc. から事業譲渡)
代表者  : 代表取締役 須藤憲司
URL  : https://kaizenplatform.com/
所在地  : 〒108-0072 東京都港区白金1-27-6 白金高輪ステーションビル 10F
事業内容
デジタル・テクノロジーを活用し、企業の事業成長を支援するソリューションを提供しています。
・事業やビジネスを変革する「DXソリューション」
・Webサイトをわかりやすくつかいやすく改善する「UXソリューション」
・5G時代の次世代動画制作サービス「動画ソリューション」

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング