鰹節専門店が開発したマルチに使えるキッチンアイテム 「鰹節保存袋」 10月13日(火)新発売

PR TIMES / 2020年10月12日 12時45分

株式会社にんべん(東京都中央区、代表取締役社長 高津伊兵衛)は、鰹節の保存に最適な「鰹節保存袋」を 2020年10月13日(火)より、「にんべん 日本橋本店」にて新発売いたします。



[画像1: https://prtimes.jp/i/19495/88/resize/d19495-88-199810-5.jpg ]

鰹節を手にしても、多くの方が悩んでしまうのが「鰹節の保存方法」。店頭でも保存方法についてお悩みの声をいただいておりました。この度、お客様の声にお応えし鰹節を収納でき、乾燥を抑えられる「鰹節保存袋」を発案。創業の地である日本橋のデザインを施しました。
乾物や乾麺、小物入れ、ペンケースとしてなど幅広いシーンでご活用いただけます。

■商品規格

[画像2: https://prtimes.jp/i/19495/88/resize/d19495-88-237741-0.jpg ]

商品名 :鰹節保存袋
内容量 :5枚セット
本体価格:300円
発売日 :2020年10月13日
その他 :にんべん 日本橋本店 限定販売
[画像3: https://prtimes.jp/i/19495/88/resize/d19495-88-944844-4.jpg ]

[画像4: https://prtimes.jp/i/19495/88/resize/d19495-88-523822-1.jpg ]

[画像5: https://prtimes.jp/i/19495/88/resize/d19495-88-290595-3.jpg ]


鰹節の保存方法
鰹節は酸化しやすい食品です。裸で保存すると乾燥してしまい、削った際に粉になりやくなります。
鰹節を「鰹節保存袋」にいれ、なるべく空気を入れないようにチャックをしめたら、湿気のない場所か冷蔵庫で保存してください。

<店舗からの声:日本橋本店 小林愛美>
お客様から鰹節の保存方法についてお尋ねいただくことが多く、商品開発をスタートさせました。たくさんの方にご愛用いただけるようなデザインを考えるのに苦労し、約1年かけて商品化となりました。表面からは鰹節がみえ、裏面にメモ欄を設けているところがポイントです。鰹節以外の乾物や小物などを入れられるので、ぜひお気に入りの使い方を見つけてみてください!


■店舗紹介

[画像6: https://prtimes.jp/i/19495/88/resize/d19495-88-783876-2.jpg ]

にんべん 日本橋本店/日本橋だし場
東京・日本橋は「にんべん」の原点です。これから350年、400年と、日本の誇りである「鰹節〈熟成食品〉」を後世に伝え、世界の人々に「だしの美味しさ」を知ってほしいと考えています。
「にんべん 日本橋本店」では、本枯鰹節の削り実演や、「一汁一飯」がコンセプトの「日本橋だし場」も人気です。

住所: 東京都中央区日本橋室町2‐2‐1 COREDO室町1・1階
TEL: 03-3241-0968
営業時間の最新情報は、にんべん公式HPをご確認ください

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング