島根県立石見美術館 コレクション展「根付-江戸の遊び心と吉兆」

PR TIMES / 2019年5月29日 11時40分



島根県立石見美術館では、コレクション展「根付-江戸の遊び心と吉兆」を下記の通りに開催しています。

1.会 期   2019年5月29日(水)~7月22日(月)
休館日:毎週火曜日
開館時間:10:00~18:30(展示室への入場は18:00まで)

2.会 場   島根県立石見美術館 展示室B(グラントワ内)

3.概 要・見どころ 
 根付は、印籠や巾着などの「提(さ)げ物」を持ち歩く際、帯に挟む時に落ちないよう、その紐の先端に付けた留め具のことをいいます。古くから存在しましたが、文化・文政時代(1804-1830)、煙草入れの流行とともに需要が拡大し、以後、実用性だけでなく、芸術性の高い精巧なものが作られるようになりました。根付の題材は多種多様ですが、なかには遊び心が感じられるものや、吉兆(良いこと、めでたいことの兆し)の想いが込められたと思われる根付が存在し、身につけるものに縁起の良い題材を好んだ江戸の人々の嗜好性が感じられます。
 今回は島根県江津市を拠点とした、清水巌(初代富春)とその一門によって作られた石見根付のなかから、江戸の遊び心と吉兆に焦点をあてて、題材ごとの意味と表現に着目します。
(展示点数約35点)
           
         
[画像: https://prtimes.jp/i/36130/88/resize/d36130-88-931938-0.jpg ]

     

【お問い合わせ】
島根県芸術文化センター「グラントワ」(島根県立石見美術館)
担当:総務広報課 田原・吉岡
TEL:0856-31-1860   FAX:0856-31-1884

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング