再生可能エネルギーによる低炭素社会の実現を目指し つくば工場・山口工場においてメガソーラーを設置

PR TIMES / 2012年8月30日 9時39分



エス・バイ・エル株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:荒川 俊治、以下エス・バイ・エル)は、再生可能エネルギーによる低炭素社会の実現を目指し、エス・バイ・エルの全ての工場(つくば工場・山口工場)において、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」に則り、平成25年2月までにメガソーラーを設置し、同3月より売電を開始することを決定致しました。

エス・バイ・エルではこれまで、「永く住み継がれる住まいづくりを基本に、地球社会に貢献する多様な取り組みを展開していく」との考えの下、環境問題に対して、積極的に取り組んで参りました。
この度、昨年3月に発生しました東日本大震災に伴う電力不足による、再生可能エネルギーに対する全国的な関心の高まりや、本年7月より開始されました「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」を受けて、エス・バイ・エルつくば工場・山口工場の現在未利用の広大な屋根スペースを有効活用し、メガソーラーを設置することに致しました。

この度設置するメガソーラーは、つくば工場:1,250kW、山口工場:1,700kWの合計2,950kWの容量で、年間発電量は、合計約290万kWhとなります。設備投資額は約8億5000万円を予定し、「再生可能エネルギー固定価格買い取り制度」に基づき、年間約1億2000万円の売電収入(42円/kWh試算額)を見込んでおります。

エス・バイ・エルでは、自社工場でのメガソーラー設置を通して、環境問題に対して積極的に取り組む姿勢を強調すると同時に、太陽光発電普及のきっかけにし、昨年11月より展開を進めている「スマートハウジング」や、コミュニティー全体でエネルギーの自給自足を目指す「スマートタウン構想」の更なる推進を図って参ります。

----------------------------------------------------
■つくば工場(茨城県つくば市)  設置容量 1,250kW
■山口工場(山口県山口市)    設置容量 1,700kW

           設置容量合計 合計 2,950kW
----------------------------------------------------





企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング