SAS、統合マーケティング・マネジメントを実現する新製品を発表

PR TIMES / 2012年3月15日 14時33分

SAS、統合マーケティング・マネジメントを実現する新製品を発表
~「SAS(R) Marketing Operations Management」を本日より先行提供開始~

ビジネス・アナリティクス・ソフトウェアとサービスのリーディング・カンパニーであるSAS Institute Japan株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉田仁志、以下:SAS)は本日、統合マーケティング・マネジメントを実現する主要な製品として、マーケティング業務の統合的な管理と最適化を可能にする「SAS(R) Marketing Operations Management(マーケティング・オペレーションズ・マネジメント)」を、国内の一部ユーザー向けに先行提供開始すると発表しました。

企業のマーケティング部門においては、マーケティング支出の投資対効果(ROI)に関する説明責任、キャンペーン施策の増加や精度の改善、また、キャンペーン実施までのサイクル迅速化がますます求められており、限られた人員および予算の中で複数のマーケティング・プログラムを同時並行で実行し、適切に効果検証を行うための環境整備が急務となっています。さらに、広告代理店などの外部委託会社を含め効率的なクリエイティブコンテンツ(デザインやロゴなど)の管理を行い、外注費用を抑制することも課題とされています。

SAS Marketing Operations Managementは、マーケティングにおける業務プロセスの統合、予算の配分と実行管理、デジタルコンテンツの管理、マーケティングの効果測定および分析などの機能を包括的に提供する全社規模のマーケティング・ソリューションです。統合的なマーケティング管理プラットフォームをSaaS形式で提供し、マーケティング・プログラムのプランニング、実行、最適化をより容易に、効率的に行えるよう支援します。これにより、複数のチャネルをまたがったプログラムのワークフロー管理が実現し、キャンペーンの市場展開を迅速化できるとともに、社内および外部委託会社のリソースの最大活用とマーケティングROIの向上が可能となります。


SAS Marketing Operations Managementの特徴

・マーケティング予実管理・ROI管理
マーケティング予算の計画/登録や現場での費用支出の登録を簡易に行うことができ、売上実績などのデータを取り込むことで、マーケティングROIを確実に管理することが可能になります。

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング