ベーリンガーインゲルハイム、革新的なデジタル技術で糖尿病の自己管理プログラムを提供するHealthrageous社と協力関係を結ぶ

PR TIMES / 2012年7月20日 19時20分

2012年7月10日 ドイツ/インゲルハイム
慢性疾患患者の治療には今後、薬剤だけでなく、様々な角度から総合的にケアするホリスティック・アプローチを用いる必要性が高まってきています。ベーリンガーインゲルハイムは、新たなビジネスモデルを構築し、ヘルスケアイノベーションに更に取り組むため、革新的なデジタル技術で健康の自己管理プログラムを提供するHealthrageous社(米国)と契約を締結しました。

ベーリンガーインゲルハイムとHealthrageous社は、2型糖尿病患者の健康状態改善を目的とした生活習慣の修正プログラムについてパイロット試験を実施し、そのプログラムの評価を行う予定です。試験参加者には、デジタルコーチングと臨床モニターにワイヤレスでデータを送ることのできる血糖測定器を組み合わせたプログラムを提供します。生活習慣、血糖コントロール、その他の医療パラメータ、服薬アドヒアランスの改善について評価することが可能です。

ベーリンガーインゲルハイム取締役のエンゲルバート・ティーンク・ヴィリンクは次のように述べています。「ベーリンガーインゲルハイムは、革新的で高品質な治療薬を市場に早期投入する研究開発主導型の製薬企業です。しかし、私たちは疾患の治療法について“薬剤とは異なる”アプローチにも同様に取り組んでいます。患者さんは様々な要望を持っていると同時に様々な制約があるため、私たちは新たな治療アプローチを模索しなければなりません。患者さんやその家族だけでなく、社会全体にも利益となるような、適切な解決法を見つける必要があるのです。もし患者さんが健康になれば、患者さん自身にとって満足した人生を送ることができ、さらに社会にも貢献をすることが可能となります。2型糖尿病患者さんに総合的なデジタルプラットフォームを提供するという今回のアプローチにより、患者さん自身が健康のために自己管理を継続するにはどのような動機づけが必要なのかを私たちは知ることができるでしょう。当社としては今後、このような革新的なアプローチをさらに増やしていきたいと考えており、今回のHealthrageous社との協働にはたいへん嬉しく思っています」。

糖尿病人口は世界で3億6,600万人と推定されており、その中で2型糖尿病は90~95%を占めます。また生活習慣の悪化により、今後数年で大幅に増加すると予測されています。行動科学の科学的知見に基づいて導き出された結論から、糖尿病やCOPD(慢性閉塞性肺疾患)、高血圧といった慢性疾患の多くは、服薬アドヒアランスや生活習慣(食事、運動)の改善、ストレス軽減により顕著な改善が得られることが知られています。しかし、最も重要なことは、患者自身が服薬を守り、生活習慣を管理することです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング