日本セキュリティ監査協会編 人材育成のための必読書 『情報セキュリティ内部監査の教科書』発刊

PR TIMES / 2013年2月22日 14時42分

EPUB3とプリント・オン・デマンドによるNext Publishingメソッドの新刊



インプレスグループで法人向け情報コミュニケーション技術関連メディア事業を手がける株式会社インプレスR&D(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井芹昌信)は、次世代型書籍出版メソッド「Next Publishing」を使い、『情報セキュリティ内部監査の教科書』(編者:特定非営利活動法人 日本セキュリティ監査協会)を発刊いたしました。

情報セキュリティ内部監査を行う企業・組織において最大の悩みは、情報セキュリティ内部監査人の育成・確保です。情報セキュリティ内部監査人の多くは、業務兼務をしたり、監査部門に配属されて前提知識なしに専門的な監査業務に従事したりするケースが少なくありません。そのため質の高い内部監査が行えず、結果として情報セキュリティ事故を防げなかったという事態も生じています。本書は、このような事態を防ぐため、適切な情報セキュリティ内部監査を行うための知識を体系化した教科書です。

個人情報、営業機密、技術・ノウハウに関する情報などを企業・組織の経営に有効に活用することは、現代の企業・組織の競争力強化に必須となっています。また、コンピュータやネットワークにより有用な情報への脅威あるいはぜい弱性も増え、企業・組織の情報セキュリティ管理の重要性がますます高まってきています。
本書は、適切な情報セキュリティ内部監査を行うための知識を身につけて業務にいかせる内容となっています。

※情報セキュリティ内部監査人とは、「組織の情報セキュリティマネジメントが、これに対し責任を負う経営者の期待する水準に達しているかを、組織内において独立した立場から評価し、経営者に意見を述べる者」をいい、能力認定制度も制定されています。本書は、その能力認定組織がとりまとめた情報セキュリティ内部監査人育成のための教科書です。

情報セキュリティ内部監査の教科書
編者:特定非営利活動法人 日本セキュリティ監査協会
印刷書籍版仕様:A5正寸判/本文220ページ
電子書籍版フォーマット:EPUB3/PDF
発行:インプレスR&D
発売:インプレスコミュニケーションズ
ISBN:978-4-8443-9565-2

特定非営利活動法人 日本セキュリティ監査協会
2003年に経済産業省が創設した「情報セキュリティ監査制度」を運営するために、同年10月に設立されたNPO法人。会長土居範久慶応大学名誉教授。情報セキュリティ監査制度の普及促進のために、監査品質の維持・向上を目的とした、情報セキュリティ監査人の育成・資格の付与、監査に関わる指針やガイド等の発行、セミナー等を通じた一般への啓発活動を行っている。
http://www.jasa.jp/

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング