創立20周年を迎えたJTBモチベーションズ 「ワーク・モチベーション研究所」を設立

PR TIMES / 2013年5月30日 9時22分

■働く意欲に関する調査をより実践的に
■多様化する職場環境を踏まえた新たなモチベーションのあり方を研究・提供



JTBグループの人事コンサルティング会社、株式会社ジェイティービーモチベーションズ(東京都港区 代表取締役社長:上田泰志)は、調査・研究を目的としたワーク・モチベーション研究所を新設し、6月3日(月)よりスタートします。 

昨今、市場環境、労働環境の劇的な変化を背景に、働く人の職業観や価値観が変化し且つ多様化する中で、ワーク・モチベーションを高めることが益々重要度を増しています。
JTBモチベーションズは、1993年の創立以来20年に渡り、先進的に、顧客企業のワーク・モチベーションを高めるための調査やコンサルティング、社内イベントや研修などの提供を行ってきました。

今回設立するワーク・モチベーション研究所では、JTBモチベーションズの20年間の実績や調査結果から得られた知見を集約し、より専門的且つ実践的な調査・研究を行います。これらの研究結果により、個人と組織の新たなワーク・モチベーションのあり方を明らかにし、顧客や市場に情報提供をします。


■ワーク・モチベーション研究所概要
代表者: 所長 菊入みゆき(JTBモチベーションズ、シニア・コンサルタント)
所在地: 東京都港区南青山2-31-8 Daiwa南青山ビル4階 JTBモチベーションズ内
活動内容:ワーク・モチベーションに関する調査・研究、調査・研究結果の発信
活動計画:2013年度は、「モチベーションが成果に及ぼす影響に関する研究」「企業のモチベーション施策の最新傾向に関する研究」などを予定しています。
ワーク・モチベーション研究所詳細:<http://www.jtbm.co.jp/database/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング