【味の好みに関するアンケート調査】ここ5年で味付けや嗜好に変化があった人は2割強。きっかけは、「加齢」「身体状況の変化」「生活パターンの変化」など

PR TIMES / 2014年2月28日 9時20分

マイボイスコム株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:高井和久)は、『味の好み』に関してインターネット調査を実施し、2014年2月1日~5日に10,364件の回答を集めました。第2回目の調査結果をお知らせします。
【調査結果】 http://www.myvoice.co.jp/biz/surveys/18704/

──<< TOPICS >>────────────────────────────────
■好きな味の上位は「甘い」「薄い・あっさり」「スパイシー」「さっぱり」「クリーミィ」。苦手な味のトップは「苦い」で「辛い」「塩辛い・しょっぱい」「すっぱい」「濃い・こってり」が続く
■過去5年間での味つけや嗜好に変化があった人は2割強。変化のきっかけは「加齢」や「身体状況の変化」「生活パターンの変化」など
───────────────────────────────────────────



◆好きな味、苦手な味
好きな味は「甘い」(44.4%)が最も多く、「薄い・あっさり」「スパイシー」「さっぱり」「クリーミィ」が各3~4割で続きます。「甘い」「クリーミィ」「さっぱり」「甘辛い」「すっぱい」は、女性が男性を15ポイント以上上回ります。「塩辛い・しょっぱい」は女性若年層で多く、女性10・20代では各4割となっています。女性50代以上では「薄い・あっさり」「さっぱり」、男性30代は「濃い・こってり」が多くみられます。

苦手な味は「苦い」(36.5%)が最も多く、「辛い」「塩辛い・しょっぱい」「すっぱい」「濃い・こってり」が各2~3割で続きます。「苦い」「辛い」「塩辛い・しょっぱい」「濃い・こってり」「スパイシー」は、女性が男性を10ポイント以上上回ります。「すっぱい」は男性、「苦い」は女性若年層、「塩辛い・しょっぱい」は女性高年代層、「濃い・こってり」は50代以上で多い傾向です。


◆ここ2~3年で食べるようになった味、食べなくなった味
ここ2~3年で食べるようになった味がある人は3割強です。「スパイシー」「薄い・あっさり」「辛い」「すっぱい」などが上位となっています。男性10代や女性10・20代では、ここ2~3年で食べるようになった味がある人が5~6割と多く、「スパイシー」「辛い」「濃い・こってり」が他の年代よりやや高くなっています。一方、ここ2~3年で食べなくなった味がある人は4割弱、「濃い・こってり」「塩辛い・しょっぱい」「辛い」などが上位にあがっています。

PR TIMES

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング