「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」で自立型水素エネルギー供給システム「H2One(TM)」が稼働開始

PR TIMES / 2020年6月10日 11時30分

東芝エネルギーシステムズ株式会社が「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」(東京都港区)向けに納入した自立型水素エネルギー供給システム「H2One(TM)」が、11日に開業予定の「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」の屋上において、この度、本格的に稼働を開始しました。



 当社が「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」(東京都港区)向けに納入した自立型水素エネルギー供給システム「H2One™」が、11日に開業予定の「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」の屋上において、この度、本格的に稼働を開始しました。本システムは、再生可能エネルギーと水素を活用して、電力を安定的に供給できるCO2フリーの自立型水素エネルギー供給システムで、同タワーの一部へCO2フリーの電力を供給します。

 今回納入する「H2One™」は、蓄電池、水素製造装置、水素貯蔵タンク、純水素燃料電池で構成されています。当社独自の水素エネルギーマネジメントシステム「H2EMS™」により、30kWの太陽光発電システムおよび蓄電池と連携した制御を行い、発電、蓄電を行います。天候や時間帯で変動する不安定な太陽光により発電された電力を水素に変換して貯蔵し、必要時に電力として供給することで、太陽光発電システムの最大限活用に貢献します。

 納入先の「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」は、大規模オフィスや商業施設などを中心とした、36階建ての複合タワーです。今回導入された「H2One™」のほか、地下3階には、虎ノ門ヒルズエリア内に、電気と熱を供給する独自のエネルギープラントが設置され、ガスコージェネレーションシステム(CGS)などの自家発電システムや、大規模水蓄熱槽・廃熱利用設備を活用した高効率熱製造システムにより、環境に配慮したエネルギーネットワークが構築されています。

 なお、「H2One™」には、ほかにも燃料電池車(FCV)への水素充填が可能な地産地消型の再エネ水素ステーション「H2One ST Unit™」や、それらを組み合わせて建物等への電力やお湯の供給のほか電気自動車(EV)への充電も可能な「H2Oneマルチステーション™」といったラインアップを有しています。

 当社は今後も、CO2を排出しないクリーンで持続可能な水素社会の実現に貢献していきます。

今回稼働を開始した「H2One™」

[画像: https://prtimes.jp/i/32322/89/resize/d32322-89-215148-0.gif ]


※東芝エネルギーシステムズの詳細はこちらをご覧ください。
  https://www.toshiba-energy.com/
※東芝エネルギーシステムズの水素事業の詳細はこちらをご覧ください。
  https://www.toshiba-energy.com/hydrogen/index_j.htm

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング