1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

博報堂DYグループ3社 「WiL Ventures III, L.P. 」への出資について

PR TIMES / 2021年9月1日 19時15分

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:矢嶋弘毅、以下博報堂DYメディアパートナーズ)、株式会社博報堂(本社:東京都港区、代表取締役社長:水島正幸、以下博報堂)、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長CEO:島田雅也、以下DAC)の博報堂DYグループ3社は、このたび、日本最大級のベンチャーキャピタル World Innovation Lab(以下WiL)が設置したベンチャー投資ファンドである「WiL Ventures III, L.P.」に出資することを決定いたしました。

今回の「WiL Ventures III, L.P. 」への出資により、博報堂DYメディアパートナーズ、博報堂、DACは、AIやビッグデータ、DXをはじめとしたデジタル領域における事業開発を強化すると同時に、ウェルビーイングや脱炭素、SDGsなど、持続可能な社会づくりに対しても、クリエイティビティと実行力を活かした事業創造を通じて貢献してまいります。また、同ファンドが提供するサービスと連携し、イノベーション創出人材の育成、新規事業創出にも取り組みます。

※ 博報堂DYグループでは、これまでにも「WiL Fund I, L.P.」(2014年)、「WiL Fund II, L.P.」(2017年)に出資を行っており、WiLの投資先企業との事業連携を積極的に進めています。

■ World Innovation Lab(WiL)の概要
WiLは、2013年に設立された、シリコンバレーと東京に拠点を置くベンチャーキャピタルです。「World Innovation Lab」の企業名にある通り、ベンチャー企業への投資だけではなく、新しいビジネスを創出する「Lab(研究所)」として、ヒト・モノ・情報を連携し、大企業のスピンアウトベンチャーの創出や企業内起業家育成などにも積極的に取り組んでいます。日米を中心とした豊富なネットワークとWiLメンバー各々がもつ知見を活かし、日本のオープンイノベーションの促進と産業の発展に努めています。

会社名:WiL, LLC
創業:2013年8月
代表者:伊佐山 元
本社:102 University Ave Suite 1A, Palo Alto, CA 94301 United States

■ WiL Ventures III, L.P.の概要
国内外のITベンチャー企業への投資やインキュベーションを行い、出資企業と連携することでオープンイノベーションを促進することを目指したファンドサービスです。同サービスでは、出資金を投資・運用することに留まらず、出資企業における企業内起業家や次世代のグローバル起業家の育成、教育及びコンサルティング機能の設置、出資企業間の連携やシリコンバレーにおける日本企業のプレゼンスアップに取り組みます。

ファンド名称:WiL Ventures III, L.P.
ファンド期間:10年(最大2年間の延長オプションあり)
投資分野:TMT(テクノロジー、メディア、テレコム)領域、DX(産業、企業)領域、サステナビリティ(脱炭素、フードロス、エネルギー 他)領域 など

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング