1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. プレスリリース

NetApp、オンプレミスとパブリッククラウドの両方で唯一無二のユニファイド データ ストレージを提供しリーダーシップと革新をさらに強化

PR TIMES / 2023年11月14日 17時45分

ブロック ストレージにおいて類を見ないコスト最適化と持続可能性を実現

ネットアップ合同会社(本社:東京都中央区、代表執行役員社長:中島シハブ)-- クラウド主導、データ重視のソフトウェアを提供するグローバル企業、NetApp(R)(NASDAQ:NTAP)は、顧客に対して簡素化、コスト最適化、セキュリティ、および持続可能性を提供することを目的として、業界唯一のユニファイド データ ストレージ ソリューションにいくつかのアップデートを発表しました。これには、類を見ないコスト最適化と持続可能性を実現する新しいブロック ストレージ製品、パブリック クラウド ストレージ サービスの複数の改善、およびNetApp Keystone Storage-as-a-Service(STaaS)のアップデートが含まれています。

20年以上前、NetAppは業界にユニファイド ストレージを導入し、今日ではユニファイド データ ストレージの定義をさらに広げ、ファイル、ブロック、オブジェクトのワークロードをサポートする包括的なアーキテクチャを提供しています。ユニファイド データ ストレージは、複数のオンプレミス ストレージ オファリングと主要なパブリック クラウド全体にわたる共通のストレージ オペレーティング システムを提供し、共通のAPIセットと単一のコントロール プレーンで統合されています。これには、ユニファイド オールフラッシュ ストレージであるNetApp AFF、ブロック最適化されたオールフラッシュ ストレージであるNetApp ASA、そしてAmazon FSx for NetApp ONTAP、Microsoft Azure NetApp Files、Google Cloud NetApp Volumesといった、3つの主要なパブリック クラウド上で実行される、唯一のファーストパーティのクラウドネイティブ ストレージ ソリューションも含まれます。

NetAppの最高製品責任者であるHarv Bhelaは次のように述べています。「私たちがエンタープライズグレードのストレージ ポートフォリオの最新情報を発表することで、データ管理は革新的な時代の幕開けを迎えています。NetAppのポートフォリオは、オンプレミス環境と主要なパブリック クラウドを網羅しており、現代企業の進化するニーズに応えるユニファイド ストレージ ソリューションを提供することにより、顧客への献身を示しています。これにより、非常にシンプルで利便性の高いストレージ ソリューションを提供し、コスト最適化、セキュリティ強化、持続可能性の確保といった面で他に類を見ない価値を提供できます」

ブロックストレージにおいて類を見ないコスト最適化と持続可能性を提供
2023年、NetAppは業界をリードするユニファイド キャパシティ フラッシュ ストレージであるAFF C-シリーズ システムを導入しました。この製品は、NetApp史上最も急速な成長を果たしています。

20,000を超える顧客が、ミッションクリティカルなSANインフラストラクチャ上で動作するブロック ワークロードに対してNetAppに信頼を寄せています。これらの顧客とブロック ストレージ市場全体により良いサービスを提供するため、NetAppは今年、NetApp オールフラッシュ SAN アレイ(ASA)を導入しました。NetApp ASAは、エンタープライズグレードのブロック ストレージを提供し、確実な可用性と効率性を保証しています。

TasNetworksのデジタルインフラストラクチャ リーダーであるTristan Roberts氏は次のように述べています。「NetAppのオールフラッシュSANストレージは、VMwareやS/4 HANAを含む私たちの重要なインフラ環境において大きな違いをもたらしました。統合されたデータ保護と災害復旧により、データ管理が大幅に簡素化され、MetroClusterによるシンプルな事業継続性を実現することができました。ASA C-シリーズによるコスト効率と持続可能性の向上など、製品のさらなる強化に常に興味を持っています」

NetAppは、キャパシティ フラッシュとブロック ストレージの革新を更に推し進め、NetApp INSIGHT 2023にて新たなNetApp ASA C-シリーズ ファミリーを発表しました。ASA C-シリーズは、業界最高水準のパフォーマンスとコスト最適化のバランスを実現するためにキャパシティ フラッシュを採用しており、持続可能性にも優れています。NetApp ASAは、フラッシュの速度をハードディスクの価格に近づけながら、ストレージ効率の保証として4:1の比率を提供し、データの可用性に関してはシックス・ナイン(99.9999%)を保証しています*。さらに、業界をリードするサイバー レジリエンスを備えており、NetApp ランサムウェア リカバリ保証*の対象となるほか、クラウドとの連携も可能です。これにより、災害復旧やバックアップ、クラウドへのデータの移行などが容易に行えます。組織は環境を最新化し、VMware vSphere向けのデータストレージを最適化し、SAP、オラクル、Microsoft SQLのデータベース ワークロードを迅速に処理し、統合されたアプリケーションに対応したバックアップも実現できます。

NetAppのエンタープライズストレージ担当のシニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーであるSandeep Singhは次のように述べています。「NetApp ASAストレージは、重要なアプリケーション、データベース、およびVMwareインフラストラクチャ向けに、高性能かつ高可用性(99.9999%)のストレージを提供するためのカスタマイズされたソリューションを顧客に提供します。これにより、個別に構築されたインフラストラクチャのサイロ化を回避することができます。ASA C-シリーズは、これらの優れたASAストレージの機能とキャパシティ フラッシュを組み合わせ、エンタープライズグレードのブロック ストレージを従来よりも手頃な価格で提供し、さらに持続可能なものにしています」

またNetAppは、顧客がNetAppのブロック ストレージ ソリューションへの移行に後悔のない選択を行えるよう、様々なサービスを追加費用なしで提供しています。具体的には、既存のアーキテクチャの評価を含む事前ソリューションデザイン アセスメント、無料のデータ移行サービス、ソフトウェア ライセンスとサービスの提供、移行期間中3ヶ月間無償のNetAppストレージサポート、そして無料のトレーニング ワークショップ*などがあります。これらのサービスは、顧客のスムーズな移行をサポートするために提供されています。

3大パブリック クラウドを網羅する唯一のファーストパーティ クラウドネイティブ ストレージへの継続的な機能強化
NetAppは、約10年前の2014年にエンタープライズ ストレージをパブリック クラウドに初めて導入しました。現在、NetAppは3大パブリック クラウド全てで提供されている唯一のファーストパーティ クラウドネイティブ ストレージを提供しています。
Google Cloud NetApp Volumesは2023年8月に導入され、新たにスタンダード サービスレイヤーの提供という拡張が既に行われており、GBあたりのコストを30%以上削減しています。それと同時に、14のGoogle Cloudリージョンで利用可能な統合データ保護機能を備えたマルチプロトコルのファイルサービスを提供します。

一方で、Amazon FSx for NetApp ONTAPは、VPCピアリングを活用してVMware Cloud on AWSに接続することで、総所有コスト(TCO)を低減します。さらに、ONTAP S3 APIを使用したファイルとオブジェクトへの統合アクセス機能の追加により、オブジェクト ストレージを利用するクラウドネイティブ アプリケーションのデータアクセスが簡素化されました。また、Microsoft Azure NetApp Filesでは、容量の拡張性向上、オラクルデータベースのパフォーマンス向上、およびデータのAzure Cool Blob tierへの透過的な自動ティアリングのサポートが追加されました。これにより、データをAzure Cool Blob tierに自動的に移動することで、コスト削減効果が向上します。

NetApp Keystoneで、新しいStorage-as-a-Serviceオプションと保証の向上を実現
NetAppは、顧客が最も強力なエンタープライズ ストレージ ポートフォリオを効果的に活用できるよう、さまざまな選択肢を提供し続けています。2023年10月、エクイニクスとNetAppは、NetApp Keystoneを活用したNetApp Storage on Equinix Metalを発表しました。これにより、組織はビジネスクリティカルなワークロードをフルスタック ソリューションで支えることができ、単一の月額請求書を通じて利用することができます。

NetAppはKeystone Storage-as-a-Serviceをさらに充実させ、STaaS(Storage-as-a-Service)オファリングにおいて最も包括的な保証を提供しています。顧客は、統合されたパフォーマンスと可用性の保証*を活用することができます。さらに、以前発表されたKeystoneの持続可能性に関するサービスレベル契約(SLA)により、企業はデータの自動ティアリング、持続可能性のモニタリング、過剰なプロビジョニングのキャンセルなどを通じて、オンプレミス環境とクラウド上で炭素排出量を削減することができます。また、NetAppはKeystoneにおいて90日以内*にランサムウェアの復旧保証を提供する予定です。

IDCのインフラストラクチャシステム、プラットフォーム、テクノロジー、およびバイヤービュー リサーチのグループバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーであるAshish Nadkarni氏は次のように述べています。「NetAppは統合されたデータストレージ ポートフォリオを通じて、エンタープライズおよびパブリック クラウドでのイノベーションを推進し続けています。より低コストで環境への影響が少ない簡素化されたストレージへの需要が増え続けており、新しいNetApp ASA C-シリーズはこれらの顧客にとって頼もしい選択肢となるでしょう。NetApp Keystoneプログラムは成長を続けており、顧客に必要な保証を提供しています」
*各保証とオファーには特定の条件が適用されます。プレビュー内容は変更される可能性があります。

追加情報
NetApp unveils data storage innovation at INSIGHT 2023(https://www.netapp.com/blog/data-storage-innovation-insight-2023/
Introducing ASA C-series: unmatched savings and sustainability for block workloads(https://www.netapp.com/blog/asa-c-series/

NetAppについて
NetAppはグローバルなクラウド戦略で業界をリードする、Data-Centricなソフトウェア企業です。デジタルトランスフォーメーションが加速する時代において、データを活用してビジネスをリードする企業や組織を支援します。クラウドでの開発、クラウドへの移行、オンプレミスでの独自のクラウドレベルの環境構築など、データセンターからクラウドまでのアプリケーションを最適な状態で実行できるシステム、ソフトウェア、クラウド サービスを提供しています。NetAppは、多様な環境にわたって機能するソリューションを通じて、企業や組織が独自のデータファブリックを構築し、いつでもどこでも、必要なデータ、サービス、アプリケーションを適切なユーザに安全に提供できるようにしています。詳細については、www.netapp.com/ja をご覧ください。NetApp合同会社はNetAppの日本法人です。また、Twitter、LinkedIn、Facebook、InstagramでNetAppをフォローしてください。

NetApp、NetAppのロゴ、https://www.netapp.com/company/legal/trademarks/ に記載されているマークは、NetApp, Inc.の商標です。その他の会社名と製品名は、それを所有する各社の商標である場合があります。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください