【銀座 蔦屋書店】人気オリジナルインク“江戸色インク“の新シリーズを発表。光琳・芳中・抱一らが描く琳派の名作をモチーフにした「琳派の色」3色を4月1日(木)から発売。

PR TIMES / 2021年3月2日 13時15分

3月2日(火)よりオンラインストア限定で先行予約スタート

銀座 蔦屋書店(東京都中央区)ではこの度、店舗オリジナル商品シリーズで人気の"江戸シリーズ“から、「江戸色インク第5弾 琳派の色」を4月1日(木)より新たに発売いたします。江戸時代に隆盛を極めた琳派の巨匠、光琳・芳中・抱一らの描いた作品をコンセプトに、まさに江戸らしく美しいオリジナルインクに仕上がりました。発売に先がけて、3月2日(火)10時30分~オンラインストア限定で先行予約も行います。



[画像1: https://prtimes.jp/i/58854/89/resize/d58854-89-808152-0.jpg ]




銀座 蔦屋書店オリジナル 江戸色インクシリーズ第5弾 「琳派の色」

今回は、京都の文具・雑貨メーカーTag Stationeryとコラボレーションし、絢爛な文化が花開いた「江戸時代」の中でもその特筆すべき華やかな美しさを誇る「琳派の世界」をコンセプトに新色3色を開発いたしました。尾形光琳の「燕子花図屏風」の燕子花色、酒井抱一「波図屏風」の波の色、などをイメージして作られた新色は全部で3色のラインナップとなります。日本画独特の落ち着いた色合いでありながら、「琳派」の特徴でもある豪華な金を表現するため、美しく輝くラメを入れたインクの表現などが今回の新商品の特徴となっています。

特集ページ: https://store.tsite.jp/ginza/blog/stationery/18612-1502000209.html


[画像2: https://prtimes.jp/i/58854/89/resize/d58854-89-297845-1.jpg ]




新作インクのご紹介



[画像3: https://prtimes.jp/i/58854/89/resize/d58854-89-634345-6.jpg ]


琳派の色| 光琳の燕子花色(こうりんのかきつばたいろ)


尾形光琳(おがたこうりん)の燕子花図(かきつばたず)をイメージした群青をベースにしています。輝くラメが入っており作品の持つ華やかさを表現しています。


琳派の色| 芳中の芥子の花色(ほうちゅうのけしのはなのいろ)
中村芳中(なかむらほうちゅう)〈花卉図画帖〉より「七月 芥子」(しちがつ けし)の中の芥子の花びらをイメージした優しい朱色です。(※こちらはラメが入っていない商品です)

琳派の色| 抱一の波色 (ほういつのなみいろ)
酒井抱一(さかいほういつ)の「波図屏風」(なみずびょうぶ)をイメージした濃淡のある灰色です。
普段使いに使いやすいカラーでありながら、輝くラメが入っており上品な雰囲気になっています。

<琳派とは>
琳派(りんぱ)とは、桃山時代後期に興り近代まで活躍した、同傾向の表現手法を用いる造形芸術上の流派、または美術家・工芸家らやその作品を指す名称。本阿弥光悦と俵屋宗達が創始し、江戸時代に尾形光琳・乾山兄弟によって発展、酒井抱一・鈴木其一が江戸に定着させたとされている。


江戸色インクとは?

銀座 蔦屋書店の「江戸⾊インク」は、江戸時代に花開いた様々な文化をインクで表現したシリーズです。
第一弾では江戸時代に多くの人に親しまれた色、第⼆弾では歌舞伎、第三弾では伝統的な日本の吉祥文様、第四弾では江戸の和菓子色というコンセプトで商品を開発しています。


Tag stationeryのご紹介

TAG STATIONERYは京都で生まれた文具・雑貨メーカーです。染料インクを中心に京都の伝統文化を取り入れたオリジナル商品「京の音」「文染」を中心に、セレクトした商品を販売しています。


商品詳細/ご購入方法/予約期間

【商品詳細】

[画像4: https://prtimes.jp/i/58854/89/resize/d58854-89-383444-5.jpg ]


銀座 蔦屋書店限定「江戸色インク<琳派の色>」

発売日:4月1日(木)
価格 :2,200~2,420円(税込)
種類 :全3種
インク:染料インク
容量 :40ml

【ご購入方法】
・店頭・オンラインストアで販売
・予約開始日:3月2日(火)よりオンラインストア限定で予約開始
特集ページ: https://store.tsite.jp/ginza/blog/stationery/18612-1502000209.html


銀座 蔦屋書店 ~文具・雑貨~

アートピースとしての筆記具やオブジェをご提案

[画像5: https://prtimes.jp/i/58854/89/resize/d58854-89-954491-7.jpg ]


世界中から集めた美しい筆記具やオブジェ、 日本の素晴らしいものづくりを伝える売場づくりを追求しています。 特に、 伝統技術を継承しながらも、 現代的なデザインを取り入れ、 新しい挑戦をしている職人の工芸品を中心に発信しています。 銀座 蔦屋書店限定の商品も多数取り揃えておりますので、 東京銀座のお土産品探しにも是⾮、 お立ち寄りください。

店舗情報

銀座 蔦屋書店

[画像6: https://prtimes.jp/i/58854/89/resize/d58854-89-824707-8.jpg ]


本を介してアートと日本文化と暮らしをつなぎ、「アートのある暮らし」を提案します。

住所:〒104-0061 東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 6F
電話番号: 03-3575-7755
営業時間:店舗ホームページをご確認ください。
ホームページ: https://store.tsite.jp/ginza/
Facebook: https://www.facebook.com/GINZA.TSUTAYABOOKS/?ref=bookmarks
Twitter: https://twitter.com/GINZA_TSUTAYA
Instagram: https://www.instagram.com/ginza_tsutayabooks/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング