最も大切なモノにかける時間は1日当たり約4時間33分!“仕事”と“私”、どっちが大切なの?

PR TIMES / 2012年5月17日 11時13分

~“人生のデザイン”に関する意識調査~
最も大切なモノにかける時間は1日当たり約4時間33分!  
“仕事”と“私”、どっちが大切なの?


高性能デザイナーズ注文住宅「R+house(アール・プラス・ハウス)」のネットワークを全国展開するハイアス・アンド・カンパニー株式会社(本社:東京都港区 代表:濱村聖一 以下、ハイアス)は、「“人生のデザイン”に関する意識調査」をインターネットユーザーの男女1,642名を対象に実施しました。

1) 人生における最も大切なモノTOP3「子ども」「恋人・配偶者」「健康」!
2) 人生における最も大切なモノにかける時間は1日当たり約273分(4時間33分)!
3)「“仕事”と“私”、どっちが大切なの?」は“私”に軍配!
4)「恋人・配偶者」にかけるコストは1日当たり約228分(3時間48分)!
5)「恋人・配偶者」に最も大切にして欲しいモノ、男性は「相手(妻・彼女)」、女性は「私」!
6)「人生における大切なモノにかける時間」より「就業時間」にかかる時間が約1.8倍も長い!

   
1)人生における最も大切なモノTOP3「子ども」「恋人・配偶者」「健康」!
「あなたの人生において、最も大切な物・事柄は何ですか?」との質問に対し、全体で最も回答が多かったのは「子ども」(28.6%)で、次いで「恋人・配偶者」(24.5%)、「健康」(15.5%)という結果となりました。一方、配偶者の有無別では、配偶者がいる場合のTOP3は1位「子ども」(40.5%)、2位「配偶者」(30.4%)、3位「健康」(13.5%)であり、配偶者がいない場合のTOP3は1位「健康」(19.2%)、2位「お金」(16.1%)、3位「恋人」(13.6%)という結果となりました。配偶者がいる場合は、「健康」より「子ども」や「配偶者」など家族自身の優先順位が高いのに対し、配偶者がいない場合は「恋人」より「健康」や「お金」など自分のことが大切であるようです。このことから、配偶者がいないときは自分が大切ですが、配偶者ができると自分以外が大切になるようです。


2)人生における最も大切なモノにかける時間は1日当たり約273分(4時間33分)!
人生における最も大切なモノにどれだけ時間を費やすか聞いたところ、全体の平均は約273分(4時間33分)という結果となりました。性別において、男性は平均 約222分(3時間42分)であるのに対し、女性は平均 約319分(5時間19分)という結果となっていることから、女性の方が大切なモノに時間を、より割いているようです。人生におけるコスト=時間と捉えれば、大切なものに時間を使うというコスト感覚が女性の方が優れているとも言えるようです。
    
【結果】
「人生における最も大切な物・事柄にあなたの時間を1日当たりどれだけ費やしていますか?」の結果
全体(平均): 約273分(4時間33分)
男性(平均): 約222分(3時間42分)
女性(平均): 約319分(5時間19分)

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング