13年目となる車いすバスケットボール国際親善大会 エイベックスが特別協賛として参加!

PR TIMES / 2014年11月21日 14時40分



 当社は、2015年2月に(一社)日本車椅子バスケットボール連盟、(社福)大阪市障害者福祉・スポーツ協会、大阪市が主催する「2015国際親善女子車椅子バスケットボール大阪大会 presented byエイベックス・チャレンジド・アスリート」(以下:大阪カップ)に特別協賛として参加する事が決まりましたので下記の通りお知らせ致します。

 大阪カップは、障がい者スポーツの普及・発展と大阪市における障がい者や障がいに対する理解の促進を目的とし、2003年より続いてきた国際大会となります。地元住民や地域の小中学生が約1万人参加し、大会の試合観戦の他、世界の選手達と車いすの乗車体験などの親善交流を図っています。本年度は、当社のチャレンジド・アスリート※への取り組みと大会開催趣旨が一致した為、主催者と一緒に大会を盛り上げて参ります。日本で行われる唯一の女子車いすバスケットボールの国際大会で、今年も世界トップレベルの選手の迫力ある競技・テクニックを観戦頂けますので是非、ご来場ください。
※「障がい者アスリート」の当社の呼称

【大会概要】
大会名
2015国際親善女子車椅子バスケットボール大阪大会 presented by エイベックス・チャレンジド・アスリート(http://www.osakacup.org

大会開催期間
2015年2月11日(水・祝)~2月14日(土)

開催場所
大阪市中央体育館
※11日(水・祝)のみ、舞洲障がい者スポーツセンター

参加国
オーストラリア、カナダ、イギリス、日本

主催
(一社)日本車椅子バスケットボール連盟、(社福)大阪市障害者福祉・スポーツ協会、大阪市

主管
国際親善車椅子バスケットボール大阪大会実行委員会
(事務局:大阪市障がい者スポーツセンター・スポーツ振興部)

特別協賛
エイベックス・チャレンジド・アスリート
※14日(土)の決勝戦直前にはショータイムもご用意しております。なお、観戦は全て無料です。

【エイベックスのチャレンジド・アスリートへの取り組み】
エイベックス・グループは障がいがありながらもトップアスリートとして世界で活躍する選手たちを積極的に雇用、支援しています。車いすテニスを始め、車いすバスケットボール、車いす陸上、柔道、水泳、スキー、を含む計 9 つの競技で現在 14 名の選手がエイベックス・チャレンジド・アスリートとして活躍しています。所属選手、出場大会などの詳細はこちらをご覧ください。(http://www.avex-athlete.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング