マネックス証券のコンタクトセンターおよびウェブサイトが格付け最高評価(三つ星)を取得

PR TIMES / 2014年11月13日 17時38分

 マネックス証券株式会社(以下「マネックス証券」)は、サポートサービス業界における世界最大のメンバーシップ団体であるHelp Desk Institute(ヘルプデスク協会、以下「HDI」)(注1)の日本組織HDI-Japan(注2)が発表した「『HDI 問合せ窓口格付け』2014 年度証券業界」において、「サポートポータル」および「問合せ窓口」の両部門で最高評価の三つ星を取得しましたので、お知らせいたします。



 「問合せ窓口」では、前年度二つ星が今年度は三つ星に格上げされ、また、「サポートポータル」では、前年度に引き続き2 年連続で三つ星を取得いたしました。
 HDI-Japan によるマネックス証券への評価コメント(注3)は、次の通りです。

■問合せ窓口(電話)について
 顧客の話をしっかり聞き回答していく流れを進めた上で追加情報の提供をするなど手順的にも申し分ない。礼儀正しく敬意を感じる対応。どの担当者も知識レベルが高く、顧客のレベルや用件に合わせた案内をしてくれる。

■サポートポータル(ウェブサイト)について
 マネックス証券のメリットや初心者コーナーなどあり、特徴が分かりやすく内容も魅力的。担当者はウェブを充分理解しており、ウェブを使った案内もスムーズにできる。オンライン証券らしくモバイル対応も豊富である。

 HDI-Japan の格付けは、HDI の国際標準に基づいて認定された評価基準に沿って、一般ユーザーと専門家が顧客の立場から評価し格付けします。格付けは、三つ星~星なしの4 段階です。
 マネックス証券のコンタクトセンターおよびウェブサイトを管掌する取締役副社長 COO兼子公範は、今般の格付け取得について、次のように述べております。「前年度調査で二つ星だった『問合せ窓口』が今年度は三つ星となり、オンライン証券である当社としてお客様との重要な接点であるコンタクトセンターおよびウェブサイトの両部門で業界最高の評価をいただきました。ウェブサイト製作およびコンタクトセンター業務に携わる従業員のみならずマネックス証券の役員・従業員一同、大変名誉なことと喜んでおります。今年度は特に、クオリティコントロール(品質管理)チームを新設し、今まで以上に一人ひとりのお客様と向きあうことを真摯に取り組んだ結果、このような評価をいただけたものと考えています。この評価に甘んじることなく、引き続きお客様に安心してお取引いただけるよう、さらに尽力してまいります。」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング