電動工具ブランド「HiKOKI(ハイコーキ)」押しつけやすくキレイな穴あけD形ハンドルタイプの振動ドリルに36Vのコードレスが登場!~2021年1月22日(金)より全国で発売開始~

PR TIMES / 2021年1月21日 11時45分

https://www.hikoki-powertools.jp/products/powertools/li-ion-drill/dv3620da/dv3620da.html

 電動・エア工具を製造・販売する工機ホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 兼 CEO:森澤篤)は、電動工具ブランド「HiKOKI(ハイコーキ)」から、D形ハンドルタイプの振動ドリルの新製品DV 3620DAを、2021年1月22日(金)より全国の電動工具取扱販売店などを通じて発売します。



 振動ドリルは、コンクリートや石材への穴あけに使用する電動工具で、主に外壁補修工事におけるピン接着剤注入用の下穴あけ作業に用いられます。押しつけて使用することから、バランスが取りやすく使いやすい形状の製品が好まれます。また、電源確保やコードさばきを必要としないコードレス品(バッテリー式)の需要が増えており、かつ、作業効率の観点から、強いパワーを兼ね備えていることが求められます。

 今回発売するDV 3620DAは、業界初※1のD形ハンドルタイプのコードレス振動ドリルです。先端軸上に持ち手があるため推力をかけやすく、穴あけ精度も向上しています。また、高出力・高効率のブラシレスモーターと当社独自のリチウムイオン電池「マルチボルト蓄電池(36V⇔18V)」を組み合わせることで、AC製品(コード付き品)よりコンパクトボディながらも速い穴あけスピードを実現しています。さらに、当社初の電子クラッチを搭載し、一定の負荷を受けてもスイッチを引いたまま作業ができるので、作業効率が上がります。
※1 2020年12月現在。当社調べ。(国内電動工具メーカーにおいて)(D形ハンドルタイプコードレス振動ドリル)

【主な特長】


業界初※1のD形ハンドルタイプ&コードレスで押しつけやすく使いやすい
AC製品よりもコンパクトボディ&ハイパワー
当社初の電子クラッチ搭載で作業が止まりにくい


[画像1: https://prtimes.jp/i/43886/90/resize/d43886-90-549870-0.jpg ]

<製品の特長>

[画像2: https://prtimes.jp/i/43886/90/resize/d43886-90-753850-3.jpg ]

■業界初※1のD形ハンドルタイプ&コードレスで押しつけやすく使いやすい
 業界初※1のD形ハンドルを採用し、先端軸上に持ち手があるため推力をかけやすく、穴あけ精度も向上しています。コードレスなので取り回し性に優れ、狭所作業や電源確保が困難な作業環境でも、快適に作業できます。

■AC製品よりもコンパクトボディ&ハイパワー
 コンパクトボディで狭い場所でも取り回しやすく、作業効率が上がります。当社AC製品従来機種DV 19Vから全長が45mm短くなりました。また、高出力・高効率のブラシレスモーターと当社独自のリチウムイオン電池「マルチボルト蓄電池(36V⇔18V)」を組み合わせることで、AC製品よりも速い穴あけを実現しています。当社AC製品従来機種DV 19Vから約15%穴あけスピードが向上しました※2。
[画像3: https://prtimes.jp/i/43886/90/resize/d43886-90-788167-2.jpg ]

※2 当社従来製品DV 19Vとの比較。
※3 数値は参考値です。材料や条件により異なります。
[画像4: https://prtimes.jp/i/43886/90/resize/d43886-90-409216-1.jpg ]


■当社初の電子クラッチ搭載で作業が止まりにくい
 当社初の電子クラッチを搭載しました。一定の負荷を受けてもスイッチを引いたまま作業ができ、穴あけの作業効率が上がります。

■十分な作業量を実現
 マルチボルト蓄電池BSL 36A18使用時、1充電当たり十分な作業量を実現しています※2。
[画像5: https://prtimes.jp/i/43886/90/resize/d43886-90-295954-4.jpg ]


■仕様:

[画像6: https://prtimes.jp/i/43886/90/resize/d43886-90-663520-5.jpg ]

※4 振動3軸合成値(周波数補正振動加速度実効値の3軸合成値)についてはJEMA[一般社団法人日本電機工業会]
    https://www.jema-net.or.jp/Japanese/pis/powertool.htmlをご参照ください。
※5 振動3軸合成値は、EN60745-2-1規格に基づき測定しています。
※6 従来の蓄電池(BSL 3620 / 3626 / 3660およびBSL 18XX、BSL 14XXシリーズ)は使用できません。
※7 充電時間は周辺温度や蓄電池の状態により長くなるときがあります。

■希望小売価格:
・DV 3620DA(2XP) 76,600円(税別) ※マルチボルト蓄電池〔残量表示付〕(BSL 36A18)×2個・急速充電器(UC 18YDL2)・ケース付
・DV 3620DA(NN) 31,800円(税別) ※蓄電池・充電器・ケース別売

■お客さまからのお問い合わせ先:
 工機ホールディングス株式会社 お客様相談センター Tel: 0120-20-8822
[画像7: https://prtimes.jp/i/43886/90/resize/d43886-90-180834-6.png ]

 工機ホールディングスは、今後もコードレスの機動性にパワフルさを兼ね備えたマルチボルトシリーズのラインアップ拡充を図ってまいります。

<ご参考>

[画像8: https://prtimes.jp/i/43886/90/resize/d43886-90-225078-7.jpg ]

「マルチボルト蓄電池」について
 2017年8月に誕生した当社独自のリチウムイオン電池「マルチボルト蓄電池」は、大容量と高出力によりAC100Vの電動工具に匹敵するパワフルさを実現しており、これまでコードレス工具で同時に兼ね備えることが困難とされてきた課題「ハンディかつパワフル」を実現する製品です。
 18Vと36Vの互換性があり※7、当該電池を電動工具本体に装着するだけで自動的に電圧を切り替える(36V⇔18V)ことができる画期的な新技術を導入しています。パワフルな仕事から気軽に使えるものまで、お客さまの様々な仕事に対応できるシリーズが合計123モデルも揃っています※8。
さらに、お買い上げ日から2年間または充電回数1,500回(BSL 3660は1,000回)以内の範囲で保証しています。(ただし、いずれか先に到達するまでの期間。取扱説明書に従った正常なご使用状態で故障した場合)
※7 一部ご使用いただけない製品があります。
※8 2020年10月6日時点。36V製品群48モデル、工具・サポートツールなどの18V製品群75モデル、合計123モデル。

[画像9: https://prtimes.jp/i/43886/90/resize/d43886-90-719966-8.jpg ]

電動工具の日
 2018年より、10月1日は「電動工具の日」である、と一般社団法人日本記念日協会によって認定されました。十月一日はプラスとマイナスドライバ、10月1日はイチとゼロでスイッチを意味し、電動+工具の記念日にふさわしいとされました。「HiKOKI」(ハイコーキ)ブランド要諦発表の日が電動工具の日になったことを歴史に刻み、業界発展のためにさらなる貢献をしてまいります。

工機ホールディングス株式会社について
 工機ホールディングス株式会社は、ドライバ、ドリルなど約1,300 機種の電動工具、釘打機などのエア工具、刈払機や植木バリカンなどの園芸工具、クリーナや高圧洗浄機などの家庭用電化製品群を製造販売するリーディングカンパニーの一つです。
 70 年の歴史に裏打ちされた高い信頼性と世界最高水準の技術力を誇り、日本はもとより、欧州、米州、アジア、オセアニア、中近東、アフリカにおよぶ世界95ヵ国に販売拠点を持ち、グローバルに事業を展開しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング