エフセキュアの調査でコンテンツ保護が主要な関心事と判明

PR TIMES / 2012年7月30日 10時31分

(2012年7月26日ヘルシンキ発 - フィンランド本社発表資料抄訳)

エフセキュア・コーポレーション (本社: ヘルシンキ フィンランド、以下エフセキュア)の最新の調査によると、世界の個人ユーザの77パーセントが、デバイス以上にコンテンツが重要であると述べています。また個人ユーザは、自分たちのコンテンツに誰がアクセス可能なのかを懸念しながらも、以前にもまして多くのコンテンツをシェアしています。すべてのデバイスで、いつ、いかなる場所でも安全な共有を可能にするのが、F-Secure Content Anywhereです。


エフセキュアが世界のブロードバンド加入者を対象に行った調査*により、セキュリティやプライバシー、デジタルコンテンツの保存やシェアに関連する問題が、主要な関心事であることが明らかになりました。この調査結果は、ユーザ自らが生成するコンテンツが急増しているばかりでなく、インターネットへのアクセスに複数のデバイスが使用されるようになった、デジタルランドスケープの変化を反映しています。

「ウイルスやマルウェア、その他のオンライン脅威からの保護は、従来にも増して重要です。また新たに、個人ユーザが多くのデバイスでコンテンツを保存し、同期させるための安全な方法や、こうしたコンテンツをオンラインで、いつでも、どこでも安全に共有するための方法も求めていることが分かりました」と、エフセキュアのCustomer and Market Operations部門担当副社長Samu Konttinenは述べています。

大多数の個人ユーザが安全な共有を望んでいる

今回の調査では、ソーシャルプラットフォーム上で自分たちの生活情報をシェアする際、大部分の回答者(76%)がプライバシーについて不安を感じていることが分かりました。ソーシャルメディアとクラウドストレージ・ソリューション双方に関して質問すると、個人ユーザは自分たちの写真やビデオ、ドキュメント、電子メールといったコンテンツに、誰がアクセスできるかということに大きな懸念(70%)を示しました。43%の回答者が、自分のコンテンツのコントロールがきかなくなっていると感じています。

回答者の39%は、コンテンツの保存やバックアップ、デバイス間での同期のため、すでに何らかのクラウドソリューションをアクティブに使用していました。また68%がどこにいても、すべてのデバイスですべてのコンテンツにアクセスできたら便利だと考えていることが分かりました。回答者の77%は、デバイスそのものよりもコンテンツの方が重要であると感じています。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
PR TIMES

トピックスRSS

ランキング