フリースケール、Green Hillsの最適化コンパイラを活用し、 QorIQ T4240プロセッサの業界最高のCoreMark(R)スコアを更新

PR TIMES / 2013年5月13日 12時46分

12コア/64ビットのQorIQ T4240 SoCが組込みプロセッサ史上最高のEEMBC(R)性能スコアを記録

フリースケール・セミコンダクタ(NYSE:FSL)は、マルチコア通信プロセッサ「QorIQ(コア・アイキュー)T4240」が、これまでのCoreMark(R)ベンチマーク・スコア記録を塗り替え、組込みSoC(システムオンチップ)プロセッサとして史上最高のスコアを更新したことを発表しました。Green Hills Softwareの先進的なコンパイラ技術を活用することで、業界トップのQorIQ T4240プロセッサのCoreMarkスコアは、179,763から187,873へと向上しました。

フリースケールのデジタル・ネットワーキング・グループQorIQマーケティング・ディレクターであるニコライ・ゲノフは、次のように述べています。「フリースケールは、業界トップの性能を備えたQorIQ T4240 SoCにより、また新たなレベルを切り開きました。このプロセッサに対する需要は並外れており、QorIQ Tシリーズの採用実績は当初の予定の倍以上に達すると見込まれています。Green Hillsの技術により、このプロセッサの潜在能力をフルに解き放つことができました。」

CoreMarkとは、EEMBC(R)(Embedded Microprocessor Benchmark Consortium)が開発した業界標準のベンチマークで、プロセッサ・コアの機能性をテストし、全体的なコア処理能力をデバイス間で比較することができます。CoreMarkスコアは、組込みデバイスが現実世界でどのような性能を発揮するか、非常に正確に導き出すことができるため、性能評価の指標として信頼性が高く、各プロセッサを容易に比較できます。詳細については、www.coremark.orgのWebサイトをご覧ください。

Green Hills Softwareの最高技術責任者(CTO)であるDavid Kleidermacher氏は、次のように述べています。「フリースケール製プロセッサが最高のコア性能を発揮する上で、Green Hillsが重要な役割を果たしたことをうれしく思います。Green Hillsは30年以上にわたり、コンパイラの調整と最適化を続けており、フリースケールとの密接な協業を通じて、QorIQプロセッサのユーザに、ネットワーク、産業、アビオニクスなどの市場における最高レベルの性能を提供します。」

PR TIMES

トピックスRSS

ランキング